私が社会に出た年は、男女雇用機会均等法が打ち出された年。女性も男性と等しく、職種や仕事の場が広がった。そんな時代の波に乗ってか、呑まれてか、結婚という道を選択せずに、今、ここに至る。田布施は何にもないけど、何でもある。わたしが一人で生きていこうと思う希望がたくさんある。何でもあるから、「やのくに」。みんな、おいでよ。
やのくに号、発進します!