「私はこう思います。」自分の考えをはっきり主張することが正義だと思っていた。会社という組織に入り、部下をもち、上司である自覚が出来た頃、かつての自分のように意見を主張してくる部下がいる。それで初めて社長の気持ちがわかった。痛いくらいに、恥ずかしいくらいに。この会社は社長の「正しさ」であふれている。その社長と私も同体であれ、と願う。