稲刈りが終わった田んぼの風景も、11月半ばには黄金色から土色へと変わっていきます。せわしく動き回った農業事業部も、更なる『美しい田んぼ』を意識しながら、来年の収穫に向けて動き出す。この夏、低温保管倉庫も完成し、米の品質管理も整った。やのくに米粉製粉工場では、【食品安全マネジメントJFSーB規格】の適合工場に認定されたことにより、混じり気のないノングルテンの純度100パーセントの米粉だけを製粉する工場が更に洗練されていく。この工場で製粉された『やのくに純真米粉』100%で作るパン工房もまもなくスタート!「おたくの社長はやり手だね」と言われるが、社長は台風が来るからと運動会をやめない。米粉パンに、舌触りがよいからと、小麦を一切混ぜない。誰も見向きもしなくなった田んぼを命を削って買う。地元の風景は、できるだけそのままに遺していきたいと真剣に思っている。社長は会社の正しさを支えに会社を運営している。神さまとの約束事を、基準と教える。私どもグループ会社の店舗や商品は、こんな社長の「正しさ」であふれている。乗ったまま弁当の「人参シリシリ弁当」も、Cafeのもの「ベーコンステーキセット」も社長の奏でるストーリーがつまっている。魅力あふれるお店だから、ワクワクする!さあ、寄ってみましょ!

農業事業部

やのくに米粉ホームページ