※このクイズは今回のうれしい新聞編集者(家重美由紀)が作成しました。

★クイズ1
 新名物「栗まん」の前にくるネーミングは何でしょう。
 (罎良 ∋海凌 J譴覆訛臙

★クイズ2
 「やのくにとうふ」が登場したときのエピソード、思い出の豆腐売りのおじいさんは、いつもなんと言って豆腐を売っていたのでしょう。
 〆Fは暑いなあ △い辰舛腓麈笋譴 L斉は寒いかなあ

★クイズ3
 古伝(くでん)いなりは「乗ったまま弁当」以外では、どこで食べられるでしょう。
 ‘擦留 海の家 B膵イ昭和亭

★全問正解された方の中から抽選で3名様に、何と!フランス食堂スペシャルランチご招待、大好き昭和亭うどんペアご招待、Cafeのもおすすめランチご招待の中からご希望の「ご招待券」をお送りいたします。

★解答は、メール本文に、.イズの答え(3桁の数字)
 △幹望のご招待券 氏名 で齢 ヅ渡暖峭罩Δ棺蚕蠅鮟颪い董
 tabuse8@gmail.com へ送信ください。

※官製ハガキでの応募もできます。
 〒742-1511 熊毛郡田布施町大字下田布施682-8
             (株)ネティエノ 宝島田布施うれしいクイズ係

締め切りは、3月15日(火)18時着です。

QRコードからもメール可能です。カメラ付き携帯電話で読み取ってください。
宝島田布施 - QRコード
田布施町の地図
取材 (株)人生経営
家重美由紀

山口県周南市出身

 同じ山口県内でも、幼少の頃にはなじみのなかった田布施町に、今、住んでいる。きっとこれから先もずーっと、ここ田布施町に住み続けるだろうな。
うれしい新聞56号
スピード

 ここのスタッフに「大事にしていることは何ですか?」と聞くと、全員すぐに「スピードです!」不動産事業は、「確かさ」。建設事業は、「期待以上の」。お掃除事業は、「丁寧」。
(数年前、台風で自宅の窓がこなごなに壊れたときにすぐにきてくれた。目の前の惨状に呆然とするだけのわたしには、これがほんとにうれしかった)地元で、いや、全国各地どこだって、求められれば即刻参上。目的に合わせたスピード感でお客様に対応してきたことが、ここ田布施に30年根ざしている秘訣と思う。田布施に住むのに心強い応援団です。住まいのお困りごとは何でもお任せください。いつでもお電話ください。
TEL0820-52-5113
営業時間:9時〜18時
年中無休
田布施町大字下田布施985-7
ピアレックス
やのくに陶芸 和夢門
和・夢・門

 和夢門の真ん中にある大きなテーブルに座って目の前の土をいじったり、スタッフと何気ない会話をしたり。なんだかほっとする。何でだろう?でも、理由とかなんとか要らなくて、ただその気分を味わいたくて通ってしまう。そのときの自分のおもいと相談して、何しようか、何作ろうか決めよう。和・夢・門。その名の通り、癒される空間。

和夢門陶芸くらぶ

月4回 月謝/6000円
1回につき2〜3時間(都合のよい日時にどうぞ)
◎粘土代、焼成代は別途要
◎体験コース有
くらぶのこと体験コースのこと、お気軽にお問い合わせ下さい。

TEL0820-51-3005 
営業時間:10時〜18時 水曜定休 田布施町大字下田布施2159-1ほひほ1F
やのくに陶芸 和夢門
技倆総合学院 EWO
抜くってスゴイ

 田布施発祥の超足芯術は、身体の奥深くにあるコリを抜く施術。コリを取るんじゃなくて「抜く」。表面じゃなく、奥底からコリを引っ張り出していくイメージかな。(しつこくはびこった草と一緒?)足の裏で押されて、抜けていくときのイタ気持ちよさ。施術後の身体は軽くてルンルン気分(古いでしょうか)。足でやるの?といった抵抗感は今すぐ取り払ったほうがイイな。人生の楽しみを一つ増やしてほしいから。今、お昼休み限定のうれしいサービスも実施中。お気軽にお問い合わせ、お立ち寄りください。

★EWOのおススメコース

◎超足芯術
 セミロングコース
 60分4500 円(税込)
 ロングコース
 90分6500 円(税込)

◎頭皮揉術健康法
(頭皮マッサージ)
 30分3000 円(税込)

◎足裏健康法
KUQ(足ツボ)
 30分2500 円(税込)

TEL0820-51-2628(予約優先) 
営業時間:10時〜18時 木曜定休
田布施町大字下田布施683-1(西京銀行隣)
ライブハウス 風の吹く丘
生きていく中に、歌はある

 通りすぎてしまえば、みんな想い出にかわる。出会いと別れをくりかえし、人は歩いていく。
 これは、うちの社長のオリジナル曲「風の吹く丘で」の歌詞の一部。(田布施駅前の栗まん工場の窓にこの歌詞が書かれてある)「歌でしか表せない思いがある」と語る社長。一人でも、グループでも自分(たち)の念いを歌や演奏で表現する場として、ここ「風の吹く丘」を活用してもらえるとうれしいな。いずれは、ここ『風の吹く丘』から、音楽で旅立っていく若者を応援したいな…。次の夢だけど…って。ここは、学生時代、歌にギターに励まされた社長のそんな念いがつまったライブハウス。使い方はさまざま。お気軽にお問い合わせください。

風の吹く丘のライブを、世界の人々に見てほしい。
ライブの様子を、YouTubeで公開しています(15分番組)。


TEL0820-51-3005
営業時間:毎週木・金・土・日・祝の18時〜21時
入場料800円
田布施町大字下田布施2159-1ほひほ1F
思いを出会わせるやのくにみやげ

 やのくにみやげならここ「弥寄館」で。
 うちの社長、おもいがカタチになったものが商品、商品は、作った人のおもいがカタチになったもの、と常々言っている。小さな店内には、きっとコレ喜んでもらえるだろうな、の念いで社長が全国各地から選んできた商品でいっぱい。だから弥寄館にきたら、大切なあの人にあげたくなる商品に必ず出会える。


おススメの やのくにみやげ

弥寄館 完熟りんごのバームクーヘン
完熟りんごのバームクーヘン
「栗まんじゅう」、「やのくにとうふ」が出来る前のこと。社長が何かお土産にふさわしいものはないかと、探して探して、遠く青森で出会ったお菓子。地元青森にしか販売していなかったのを交渉してやっと取り扱いできたという思い入れのあるお菓子。ロングランのやのくにみやげ。
青森林檎が丸ごと1個入ったバームクーヘン。
1個1260円(税込)


弥寄館 黒糖かりんとう
黒糖かりんとう
「こんなおいしいかりんとう、どこで買ってきたの?また買ってきてって頼まれたの」とお土産にされるお客様が多いそう。秋田県角館で作っているかりんとう。
・うす葉かりんとう 1袋8枚入り
・落葉かりんとう  1袋9枚入り
どちらも399円(税込)


弥寄館 じゃり豆
じゃり豆
ひまわりの種、かぼちゃの種、アーモンドが入って栄養満点。お子様にも大人にも大人気!小袋に入っているので分けるのに便利。湿気ないから保管にも便利。
一箱38袋入り 525円(税込)


弥寄館 醤油ゴマ
醤油ゴマ
ごはんにも、おにぎりにも、サラダにも、炒め物にもなんでも合い、食卓の名脇役として大活躍。少食のお子様も思わず完食!岐阜のお醤油屋さんで作っている。
一本110g
525円(税込)


弥寄館 どっとポーチ
弥寄館 どっとポーチ
どっとポーチ
タオルのふりしてコソッとポーチ。化粧品などを入れる小物入れ(たっぷりはいります!)にしたり、500mlのペットボトルも入るというスグレモノ!
 カラフルな水玉模様とキティちゃん柄の二種類。どちらも1個1260円(税込)

TEL0820-52-0846
(親には子には弥寄館)
営業時間:10時〜18時
木曜定休(前もってわがまま言っていただければ開けます)
田布施町大字上田布施1209番地
弥寄館
岩盤浴ヨレム
ずっと変わらないでいる

 オープン当初、ヨレムのしっとりと落ち着いた店内にまずびっくり。たっぷり汗をかいた入浴後、更衣室がきれいに整えてあって特別待遇のお客様の気分だった。あれから4年経っても、店内の雰囲気はあのころと全く同じ。超足芯術やエステ、フランス食堂とのコラボ企画等々、わたしたちがうれしくなることがどんどん増えて進化しているヨレム。ただ、ずっと変わらないのが「清潔感」。安心して利用できるヨレムは田布施の名物の一つだと思ってる。

TEL0820-52-0730
営業時間:
10時〜23時(最終受付21時20分)
スタッフ活力充電のため、木曜定休

※予約いただくと確実です。手ぶらでどうぞ。
田布施町大字波野336-20
(田布施駅前旧商店街)
岩盤浴ヨレム
ネティエノ のあな
なんてったって のあな

 ネティエノと言えば「のあな」。「のあな」と言えばネティエノ。「のあな」はネティエノを代表する浄水器。日常生活の中で使う水だからこそ、安心で安全なおいしい水を飲んで欲しいとの念いから伝わっていった「のあな」のユーザーさんは、今や全国1万5千人以上に。性能はアップしながら、形は変わらない。二年に一度交換するカートリッジも変わらない。変わらないという安心感は、使用する側にとって案外大きなポイントかも。今日もおいしいお水をありがとう。
浄水器のあな 20万7900円(税込)


ネティエノ 西風鳳
永く飲み続けて

 ここ数年、海草から抽出されるフコイダンという成分は、健康食品業界の中でも注目されている。わが社の「西風鳳」は、メカブ由来。難しいことはわからないけど、健康によい成分がモズクより多いらしく、より良いものをという社長ならではの選択。好みに合わせ、飲む量は調整して。永く飲み続けることが健康維持の秘訣。この時期にぴったり。
フコイダン清涼飲料西風鳳(540cc)18900円(税込)
 

ネティエノ
 ネティエノは、健康関連の商品を数多く扱っている。健康でいたいと思うけど、そのために何が本当に自分の身体に合っているか、案外知らないもの。本当に良いものだけを置いているから、店で現物を見ながらスタッフの説明を聞くといいかも。店舗は西京銀行田布施支店隣。「ネティエノ」の緑の看板が目印!

TEL0820-53-2100
営業時間:10時〜18時 水曜定休
田布施町大字下田布施682-8(西京銀行隣)
ネティエノ
フォーク酒場どんじゃらほい
小さな祭り

 昼間の定食が充実し魅力倍増のどんじゃらほいで、更けゆく夜におススメのメニューは、「みつせ鶏の炭火焼き基本セット(4本)」1080円(税込)。炭火で焼いて、焼き具合が一番頃合いの串を一本一本出してくれる。素材にもお客様にも丁寧!みつせ鶏のほどよい歯ごたえとうまみ。お酒のおつまみにも、食事としても是非オーダーしてほしい一品。土曜日には、20時からフォークライブがあって、全国各地のおいしいお酒が揃ってて、歌に、お酒に、焼き鳥に…。ひとりでぶらりときても楽しみを見出せる酒場。仲間とだったらおおいにどんじゃらほい!

 日常の「小さな祭り」は、ここどんじゃらほいで!

TEL0820-52-8098
営業時間:
11時〜17時
18時〜22時くらい
水曜定休
毎週火曜日・日曜日は禁煙になります。他の曜日は店内喫煙可です。
田布施町大字下田布施710-3
1F(ピクロスそば)
フォーク酒場どんじゃらほい
Cafeのも 皇八(のんちゃ)カレー
懐かしの雰囲気で

 Cafeのもの一押しメニューは「皇八(のんちゃ)カレー」とおいしい地下水で淹れるコーヒー。カレーとコーヒー。今どきの喫茶店のように多種多彩なメニューはなくて、数種類の定番メニューしかない喫茶店が多かった昭和の時代(ほかに知らなかったのかも知れないけど)に学生だったわたしにとって、音楽が流れる喫茶店で食べるカレーと琥珀色のコーヒーはどこか特別なものだった。

 Cafeのもはそんな昔の懐かしい時代を思い出させてくれる。コーヒーによく合うスイーツも大人気。懐かしさと新しさが同居した田園の中の喫茶店。是非、立ち寄ってみて。

TEL0820-53-8686
営業時間:
9時〜17時(モーニングタイム:9時〜11時)
木曜定休 田布施町大字上田布施1123-1
Cafeのも うれしい新聞 無料ご招待券
大好き昭和亭 新揚カリッとかき揚げうどん
人気はダントツです!

 旬の食材を使用して丁寧に揚げるかき揚げ。うどん一面を覆う大きくて厚いかき揚げ。カリッとしたそのままを食べていただくのもよし。つゆに浸してうまさが溶け込んだうどんといただくのもよし。

 この「新揚カリッとかき揚げうどん」630円(税込)は、昭和亭のダントツ人気の看板メニュー。昼間の時間帯ですでに売り切れてしまうのでお早めに、と大将。豊富に揃ったサイドメニュー、萩の塩を使った「塩むすび」、「古伝(くでん)いなり」、「太巻き寿司」と一緒に召し上がれ。大満足!です。
TEL0820-53-4400
営業時間:
11時〜14時
17時〜20時
水曜定休
田布施町大字下田布施682-8(西京銀行隣)
大好き昭和亭 太巻き寿司
おおっ!歓声があがるオードブル

 おもてなし、会議等々食事のお世話をする人にとっては、お料理は何を出したら喜んでもらえるだろうか?というのが悩みのタネ。そんなときは迷わずよわもんのうらめし屋にお任せを。テーブルを囲んだときに挙がる歓声、箸を進めるにつれて笑顔、笑顔。そんなイメージで、一品一品心を込めて作るよわもんのうらめし屋がおすすめするのは、5000円オードブル「望(もん)」。OTODOKEぐるぐ号でお届けします。集まる方にあわせたご要望にもお応えいたします。お気軽にお問い合わせください。
うらめし屋 オードブル「望(もん)」

TEL0820-52-4042
営業時間:8時〜18時(田布施町・平生町一部・柳井市一部・光市一部お弁当お届けします。配達ルートによってはお届け出来ない場合もございま
す。ご了承ください)
水曜定休
田布施町大字下田布施504-1

※乗ったまま弁当では、毎朝10時30分に日替り弁当メニューを写真付きでお知らせしております!
登録はこちらからどうぞ!
乗ったまま弁当 日替り弁当メニュー
フランス食堂
ありがとうを伝えたくて

 産んでくれてありがとう。育ててくれてありがとう。いつも見守ってくれてありがとう。生まれてきてくれてありがとう。ここまで大きくなってくれてありがとう。

 「あなた」と「あなた」を大事に思う人たちが、共に喜び合い、未来を描くお祝いの場として、フランス食堂をどうぞご利用ください。スタッフ一同、バースデーコースで、心を込めてお手伝いさせていただきます。

※バースデーコースは2000円(税込)。いろんな記念日にもこのバースデーコースはご利用できます。お気軽にお尋ねください。
フランス食堂 バースデーコース

※ふわふわたまごのオムライス、スペシャルランチ、季節限定コース…フランス食堂には他にもおススメメニューがいっぱい。おいしい食事でゆっくりとおくつろぎくださいね。

TEL0820-52-4042
営業時間:
10時30分〜14時/ランチタイム(スペシャルランチは11時〜14時限定)
14時〜17時/貸し切りタイム
17時〜/ディナータイム(ご予約承ります)
20時30分/オーダーストップ
21時/閉店 
水曜定休 田布施町大字下田布施504-1
フランス食堂
うれしい新聞が、インターネットでも読めるようになりました。アクセスはこちら!
http://www.ureshi-shinbun.org/

携帯電話での閲覧はこちらから
(QRコード)
うれしい新聞WEB版
 田布施町出身のうちの社長、「田布施に住む人はもちろん、田布施に人が集まれ。集まった人たちがみーんなうれしい、幸せな気持ちになるにはどうしたらいい?」ってことをいつも考えている。それこそ『田布施はみんなの宝島』。これがうちの社長の夢。

  田布施に来たら、田布施の名物のお土産を買って帰る。「おいしいね!」全国各地に「うれしい」の輪が拡がっていく。「今度田布施に行ったときにはまた買ってきてね」が、合言葉になって、田布施に行くのが楽しみになる。そんな名物が一気に登場。


穂の季節の風に乗って

 ころん、とした栗まんじゅう。ちっちゃな栗があんこのなかにいっぱいはいってる。あっさりとした甘さに思わず二個目に手が伸びてしまう。(いけない、いけない、いやいいか)この栗まんほおばって、にっこり笑顔になる顔を想像しながら毎日毎日作っている。お土産に、この栗まんを届けた人も、もらった人もうれしくなること間違いなし。

 いずれ、栗まんといえば田布施、田布施は栗まんの町になるといいなと、うちの社長、そんな夢も描いているとか(だって、栗まんの老舗のお菓子屋さんが田布施にはあるんだから)。そうそう、この栗まんがはいっている箱もいっぷう変わってる。これは開けてみてのお楽しみ。

 やの里(やのくに)本舗 穂の風栗まん
一箱1000円(個包装・究極の九気9個入り)
やの里(やのくに)本舗 穂の風栗まん

 ご希望の方は、村の売店弥寄館でご購入できます。また、ネティエノ(TEL0820-53-2100)にお電話でお申し込みくだされば、10箱単位で全国発送いたします。

 Cafeのもでは、「おひとりさま」(2個入り250円)がご購入いただけます。
やの里(やのくに)本舗 穂の風栗まん


飛ぶように売れていく…いっちょん売れんやのくにとうふ

 やのくにとうふは、うちの社長が学生時代、「いっちょん(ちっとも)売れん、いっちょん売れん」と言いながらリヤカー引いて豆腐を売って歩くおじいさんに出会った印象的な思い出が忘れられなくて、そしてまた、豆腐づくりに一生涯をかけた男の約束をかなえるために誕生しました。

 おいしいんだ。これが。ほのかな大豆の匂い。口の中で広がるぬくもりと甘さ。この豆腐のよさは奴(やっこ)で食べるのが一番。これがホントの豆腐なんだと思い知らされる、感動的で衝撃的なおいしさ。おいしい地下水で作ってる。山口県産無農薬自然栽培大豆に日本海「萩の塩」を作るときの天然にがりを使用。そのままで一丁ぺろり(ホントなんです)。村の売店弥寄館で売っている「萩の塩」をかけてもさらにまろやかになるし(豆腐に塩ってのが意外だけど、これがやみつきになるんだな)、「八雲の空」(とろんとしたたまり醤油だからいい)をかけてもおいしい。「うちの子、今まで豆腐は食べなかったけど、この豆腐は食べるのよ!」と、うれしい声もいただいている。毎日、毎日いっちょん売れんどころか、飛ぶように売れている。ありがとうございます。

Cafeのも上の駐車場にある豆腐製造所・Cafeのも・弥寄館で購入できます。
一丁300円(税込)
いっちょん売れんやのくにとうふ

古くから伝わる味を

 昔から、おいしいものは口伝えで、人から人へ、少しずつ少しずつ伝わっていったんだと思う。古くから伝わってきたいなりずしをうちの社長がプロデュース。こんないなりずしがあったのか。こんないなりずし食べたことない。そのあとに必ずくるのが「おいしーい」の言葉。大好評で抜群のリピート率のいなりずし。レンコンが挟み込んであって食感しゃきしゃき。甘めの揚げにわさびが効いて、絶妙な調合のすし飯とよく合う。ああ絶品。

●乗ったまま弁当では「夕食ランチ?」の時間帯(夕方5時〜)に販売中。
5個入り・お吸い物付(小袋)450円(税込)

●うどんにも相性ぴったり!!
大好き昭和亭では3個入り260円(税込)
 田布施に来たとき、ちょっとお土産に、ちょっと軽くうどんと一緒に。古伝(くでん)いなりを持って帰ろう、食べて帰ろう。
古伝(くでん)いなり
 10人いたら10通りの考え方がある。

 だから、一通りにしなければいけない。

 考え方を一通りにするやり方は一つしかない。

 多数決じゃない。

 それは天意。うえの、たった一人の人の念いに合わせること。

 天意に近いところにいるのが「主(ぬし)」なのだ。「主」の念いに合わせることが大事なのだ。ここが微妙に分からないんだよね。

 間違ってもいい、「主」が言っていることが絶対なのだ。

 「こうやってください」と「主」に言われて、そこでふっと思う。そこで思うことはほんとにこの世的なこと。頭で考えるのはたいていこの世的なこと。

 会社には「主」がいる。社会には「主」がいる。この世には「主」がいる。

 ところで、「主」って、学校で習ったっけ?

(西)
風間旅人随想
うれしい新聞WEB版
できると思ったあなたはできる。それだけのこと。
Total921192 Week5941 Yesterday1022 Today576 IP check in 30 min Since 2010-12-12