※このクイズは今回のうれしい新聞編集者(本田圭子)が作成しました。

★クイズ1
 ネティエノの主力商品には爐里△吻瓩梁召法⇒いて歩くだけで
 筋力アップという靴があります。その名前はなんでしょう?
 .蹈轡 ▲蹈轡 ロシコ

★クイズ2
 大好き昭和亭には、隠れメニューと呼ばれながら堂々と木札が
 掛けてある2種類のうどんがあります。他のメニューの文字は
 黒いのですが、隠れメニューの文字はどんな色でしょう?
 ’鬚 △世い世 とうめい

★クイズ3
 聞き手を一瞬のうちに青春時代にいざなう毎週日曜日の正午
 からやっているフォークライブ、どこでやっているでしょう?
 ‖膵イ昭和亭前特設ステージ 田布施駅のホーム
 やのくに花壇のそばの田んぼの中

★全問正解された方の中から抽選で3名様に、何と!フランス食堂スペシャルランチご招待、大好き昭和亭うどんペアご招待、Cafe'のもおすすめランチご招待の中からご希望の「ご招待券」をお送りいたします。

★解答は、メール本文に、
.イズの答え(3桁の数字)
△幹望のご招待券
氏名
で齢
ヅ渡暖峭
Δ棺蚕蠅鮟颪い董
tabuse8@gmail.com へ送信ください。
※官製ハガキでの応募もできます。
〒742−1511 熊毛郡田布施町大字下田布施682−8
(株)ネティエノ 宝島田布施うれしいクイズ係

締め切りは、1月18日(火)18時着です。
QRコードからもメール可能です。カメラ付き携帯電話で読み取ってください。

宝島田布施ブログ - QRコード
宝島田布施ブログ - QRコード

★うれしい新聞 第53号 宝島田布施うれしいクイズの正解は、´ でした。

田布施 地図(やのくにマップ) - 写真
 “のあな”が我が家に来たのがすべての始まりでした。こちらの社長さんの生き方提案に惹かれ、学びを始めて早13年。私も以前より少しは「ましな人」になったかと、うれしい驚きと感謝です。今回、社長さんのずっと変わらない強いおもいがあったから、成っていくモノが見えてくるのだと再認識しました。
新茶房やろん - 写真
 新年は、新しいことを始めるにはもってこい、と言って新年に誓いを立てながら○日坊主で終わっていること数知れず(は、私だけ?)。続かないのは、忘れてしまうから。その時の「おもい」を忘れないために、が「ことばの石の店」のコンセプト。大事なことを忘れないために自分で自分に買うアクセサリーが並んでいます。一番人気は「ありがとうネックレス」(税込8400円)、表面に「ありがとう」と刻印されたジルコニアが輝いています。どなたへの感謝をこころに刻まれますか。今年は「自分で決める」という生き方を始めてみようという方におすすめの著書も揃っています。

ありがとうネックレス - 写真

ー分と話ができる!
税込1365円

⊆分で決める自分で生きる
税込1575円

ひとり歩きのススメ
税込1050円

TEL 0820-51-2628
営業時間:10時〜18時 木曜定休 田布施町大字下田布施683-1(西京銀行隣)
 「片付け」を頼むということで来られたのは、70過ぎの老婦人だったそうです。遠方で暮らす息子が帰ってこないことになったので、自宅の解体と土地の処分、お墓の相談に来られたということでした。きちんと自分と向き合っておられる姿がうかがい知れます。自分がいなくなった後のこと、あまり考えたくないけれど確実に起こることです。生きているとモノは増えますね、改めて思います。家や土地を手放すにしても、家付きの土地をそのまま売るか、土地だけにして売るか、どれが良いのかシロウトはわかりません。家も、売るため、貸すため、住むためのリフォームはそれぞれ違っているそうで、そこをスタッフが見極めて適切なアドバイスをしてくれるそうです。きれいに手放す手助け、人生を仕舞うお手伝いをしているという自負に満ちたスタッフの言葉でした。家族が集まるこの季節、家の話も出てきそうですよね。お気軽にご相談ください。

RESSH
TEL 0820-52-5002
RESSH統括本部
営業時間:9時〜18時
田布施町大字麻郷奥265-1

ピアレックス
TEL 0820-52-5113
営業時間:9時〜18時
年中無休
田布施町大字下田布施985-7
技倆総合学院EWO - 写真
 寒い時期は血液やリンパの流れをスムーズにすることが大切。巡りが良くなると温まって動きも軽くなり一年のスタートを切るのにもってこいです。EWOでは1月1日〜31日の間施術10分延長サービスに加え、お年玉くじ(一等:超足芯術60分コース無料券など空くじなし)というお正月企画があるとか。うれしいですね。私も大好きな頭皮マッサージ(20分税込2000円)は、座ったまま施術してもらえるので気軽ですが、内容は本格的。頭の先から肩、腕まで丁寧にほぐされる。私はいつもウトウト。しかも「足だけ岩盤浴」か「足もみ器」を選ぶことができるという、正に頭の先から足の先まで、です。
 身体を冷やさないように、EWOで扱っている光電子®繊維の下着やサポーターがお役立ち。この繊維は、体温を吸収して遠赤外線に変えて再度身体へ送り出すというスグレモノ。脱いでもしばらく温かいという特性もあるのだそうです。ハイソックス(2足・税込9240円)は、段階圧縮でしめつけ効果があり、天然の抗菌消臭、シルクプロテイン加工。むくみが気になるブーツにも。ラセンスパッツ(税込3万1500円〜)は、バンテージを巻いたような適度なサポートが手軽に得られ、もちろん遠赤効果もあります。私はどちらも密かに愛用中。

★EWOのおススメコース★
◎超足芯術
 セミロングコース
 60分4500円
(税込)
 ロングコース
 90分6500円
(税込)
◎頭皮揉術健康法
(頭皮マッサージ)
 30分3000円
(税込)
◎足裏健康法
KUQ(足ツボ)
 30分2500円
(税込)

技倆総合学院EWO - 写真

TEL 0820-51-2628(予約優先) 
営業時間:10時〜18時
木曜定休
田布施町大字下田布施683-1(西京銀行隣)
ライブハウス風の吹く丘 - 写真
 こぢんまりしてシックなライブハウスは、演奏者と聞き手の距離感が何ともイイ。高さ20冂度のステージとそこから50僂曚瀕イ譴榛覗偉鵝5卆覆箸粒櫃厩腓い盂擇靴澆琉譴弔任后11月に10回目のライブをされた方がおられるとか。続けていくから輪が広がっていくのですね。
 かつてのフォーク青年、ブラバン少女、うるわしのオバチャン合唱隊、ここで心おきなく大きな音を出して練習し、ハレの日みんなに披露するのはいかがでしょう。新しいことを始めるにはもってこいの新年です。

TEL 0820-51-3005
営業時間:毎週木・金・土・日・祝の18時〜21時
入場料800円
田布施町大字下田布施2159−1ほひほ1F
フォーク酒場どんじゃらほい - 写真
 昼間12:00〜営業がはじまりました!東北直送のサンマを丸揚げした「さんま定食」(税込650円)と、アサリの「貝汁定食」(税込450円)の二種類。ご飯はもちろん田布施で育った「八雲米」です。今年の新米は本当に美味、甘くてもっちりです。それにしても丸ごと一匹素揚げしたサンマ。是非食べてみてほしい!!新たな楽しみが増えました!!夜のメニューも新しいものが続々登場しています。「トン豚焼き」は骨付きでやわらかく、これがこってり好きにはたまらない食べごたえ抜群の美味しさ!(かつての青年は分けっこしてください)アルコールは、とくに焼酎の種類が豊富で迷いますが、お店オリジナルの「魂基準」(税込800円)を今回はチョイス。スイスイ飲めます。焼きものの種類はたくさんありますが、他にもBー1グランプリ優勝の横手焼きそばや東北おむすびなど多彩なメニュー。明るい店内と懐かしのフォークソングが盛り上げ、お酒を飲まない人でも楽しい(に違いない)。
 大好評の毎週土曜夜8時からのフォークライブは生ギターに合わせ、かつてのセイネンたちが異常な盛り上がりを見せているとか。マイギター持参の方もいらしたとか。みんなで歌うってイイ。楽しいお酒ってイイですね。そして毎週日曜正午からは「大好き昭和亭」前で青空の下、フォークライブがあります。風に吹かれて懐かしの曲に合わせ、控え目に鼻歌やハミングを(私の場合)。新年会など、ご希望ご予算に応じてセットいたします。

TEL 0820-52-8098
営業時間:18時から22時くらい
水曜定休
毎週火曜日・日曜日は禁煙になります。他の曜日は店内喫煙可です。
田布施町大字下田布施710−3
1F(ピクロスそば)
やのくに干ししいたけ - 写真
やのくに干ししいたけ
1袋 税込294円
元々があの「やのくにしいたけ」なので、乾燥してスライスされていても立派で見栄えがします。が、裏技として、水で戻さず(!)そのままバリバリ手で砕いて「かつおだし」で作ったお汁に投入。しばらく煮ると味がずっと深くなります。

さんまの千枚漬け - 写真
さんまの千枚漬け
背開き2枚 税込525円
三陸の脂ののったサンマをダシのきいた甘酢でしめて、ニンジンとダイコンの薄切りが添えてある本格的な味。

温海のかぶら漬 - 写真
温海のかぶら漬
400g 税込577円
山形県温海の郷土料理。焼き畑農法で作られたカブの自然な紫色が美しい甘酢漬け。おせちのアクセントにも。

かつおだし - 写真
かつおだし
1000ml 税込1,328円
200ml 税込440円
これ一つで味が決まる、驚きの万能選手。カツオとコンブ、シイタケの旨みが濃縮されているので、お吸い物や煮物はもちろん、肉や野菜を炒めてこれで味付けするとビックリなおいしさ。簡単に料理がパワーアップします。お雑煮やうどん、鍋物など、これからの季節に大活躍。かなり濃いので上手に薄めてご家庭の味に。

あまざけ - 写真
あまざけ
白:約740g 税込945円
桜:約740g 桜の花の塩漬入り 税込1,260円

 ハレの日の食卓に並ぶのは、いつもとは違う「ハレ」の食材。お手軽に楽しめる逸品が弥寄館には揃っていて、けっして広くはない店内はすごいことに。子どもの頃の駄菓子屋さんの配置を思い出します。冷凍庫で出番を待っているモノも入れたら、たいへんな数のおいしいモノ、便利なモノ、良いモノがぎっしり、この中からお気に入りを探すのが楽しいんです!

弥寄館 - 写真
TEL 0820-52-0846(親には子には弥寄館)
営業時間:10時〜18時
木曜定休(前もってわがまま言っていただければ開けます)
田布施町大字上田布施1209番地
苔玉 - 写真
 年に一度、帰省したお孫さんを連れて来られるおばあちゃんのお話を聞きました。ここで作ったモノがずっと形として残り、それを見ると思い出も一緒によみがえる、そんな情景が浮かびます。お孫さんに素敵なプレゼントをされている方ですね。「といってもセンスが…」と尻込みする大人のために、なんともステキな3点セット(白い器2種と箸置き)を2時間ほどで作ることができる体験コースもあります。伸ばした粘土の板を型紙どおりに切っていくと、ちょっと自慢できる自分だけのモノが出来あがり!アレンジは自由ですから、楽しさもいろいろ。もちろん色も選べます。ゼロから作り出すのは難しくても、これなら気楽に取り組めそうです。店内にずらりと並んだフクロウは、とてもかわいいサイズ。実用的な器もいいけれど、こういうモノもおもしろそう。何しろ、いろいろ並んでいるので見ているだけで飽きません。家には以前ここで買ったちっちゃなシーサーがいますが、一人ぼっちなのでお相手を作ってあげようかな。

和夢門陶芸くらぶ
月4回 月謝/6000円
1回につき2〜3時間(都合のよい日時にどうぞ)
◎粘土代、焼成代は別途要
◎体験コース有
くらぶのこと体験コースのこと、お気軽にお問い合わせ下さい。

やのくに陶芸和夢門 - 写真

TEL 0820-51-3005 
営業時間:10時〜18時 水曜定休 田布施町大字下田布施2159-1ほひほ1F
乗ったまま弁当 - 写真
 気ぜわしい年末もお出かけの多い新年も、夕方ちょっと食べたい時にピッタリなお弁当が、その名も〈夕食ランチ?〉。「名物 博多焼きちゃんぽん」(税込540円)は具沢山。大きなエビやイカ、豚肉と野菜が麺を引き立て、「ばらずし」(税込500円)は見た目も美しく大きな具がたくさん。たっぷり入った“サバのそぼろ”はホントにおいしい。どちらもかなりのハイレベル。第3弾はその名も「古伝(くでん)いなり」。このあたりでこんな味、形、見たことない!!
夕闇の中博多屋台の電飾をほうふつさせる「乗ったまま弁当」のブース前で、元気に旗を振り回しているスタッフの姿がある限りお弁当はありますが、ご予約が確実とか。もちろん、お昼のお弁当も。

TEL 0820-52-4042
営業時間:11時〜売り切れるまで/夕食ランチ?は17時〜売り切れまで
毎週月・火・木・金・土営業
水・日・祝は定休日
田布施町大字下田布施682−8(西京銀行隣)
大好き昭和亭 - 写真

 年越しそばならぬ、年明けうどん。店長のシャレかと思ったら讃岐の地域おこしとか。縁起ものの入ったおうどんとは、お正月らしくてイイですね。ここは、うどんも丼もメニューがたくさんあって選ぶのが楽しいのですが、知る人ぞ知る「うどん大盛り同一料金」の貼り紙。ちなみに大盛りとは2倍のこと、1.2倍や1.5倍というワガママにも対応可とか。だいだい色で書かれた堂々とした「隠れメニュー」の品書も。(店内をよ〜くご覧ください)夕方5時からは、みつせ鶏ざんまい定食(4種、各税込680円)も加わり、更に選ぶ楽しみが。この「みつせ鶏」、親鳥をフランスから空輸、ゆったりした平飼いで丹精込めて育てられ、低脂肪でうまみ成分が豊富。しかもやわらかいと三拍子そろっていて言うことなし。大好きなうどんの後の小豆いっぱい「白玉ぜんざい」(税込250円)は、私のしあわせの素です。

定食 - 写真

TEL 0820-53-4400
営業時間:
11時〜14時
17時〜20時
水曜定休
田布施町大字下田布施682−8(西京銀行隣)

ぜんざい - 写真
フランス食堂 - 写真
 都会ではランチメニューは平日のお昼限定で、土日に行ってガッカリすることも。そんなガッカリと無縁のフランス食堂、大満足のミニコースのランチ(税込1200円)が毎日あってうれしいです。他にも気取らない洋食や定食もいろいろあって、いつも選ぶのに迷うのも楽しみのひとつ。ハレの日、ハレの場にぴったりのメニューがそろっています。大事な人の都合に合わせて半年遅れのバースデーコースを楽しまれたご家族もいらしたとか。ご本人がいらしてこそのお祝いですから、とスタッフ。このバースデーコース、フルコースで税込2000円と、やはり都会ではあり得ないことに。お誕生日以外のハレの日には、旬を集めた1月2月の季節限定コース(税込2800円)もお勧めです。なにしろ、美味しいものを食べるとしあわせな気分になりますから、日本人はハレの食卓を大切にしてきたのかもしれません。誰かをもてなしたい、大事な人に喜んでもらいたい、みんなで楽しみたい、ひとりでゆっくりしたい、さまざまな思いを持ちながらお料理を待つのも楽しいひととき。こんなお店がある、田布施ってイイですね。

TEL 0820-52-4042
営業時間:
10時30分〜14時/ランチタイム(スペシャルランチは11時〜14時限定)
14時〜17時/貸し切りタイム
17時〜/ディナータイム(ご予約承ります)
20時30分/オーダーストップ
21時/閉店 
水曜定休 田布施町大字下田布施504−1
おもてなしの予定が決まったら

オードブル - 写真

 ご自宅でのハレの日の演出にピッタリなのは、うらめし屋のお正月用オードブル(3〜4人前 税込1万円)。真っ赤なロブスターがかなり自己主張していて豪華でしかもオシャレ、老若男女に大好評というのもわかります。一つあればガラリと変わる、魔法のような一品。なかには年末にお届けした際、来年もお願いねと超早期予約される方もいらっしゃるとか。(超確実です)数に限りがあるそうなので、ご予約はお早めに。いまスグ?おいしいって、イイですね。自然に笑顔がこぼれますから。元気も出てくるし。さあ、「もう少しがんばって」みようかな。

TEL 0820-52-4042
営業時間:8時〜18時(田布施町・平生町一部・柳井市一部・光市一部お弁当お届けします。配達ルートによってはお届け出来ない場合もございま
す。ご了承ください)
水曜定休
田布施町大字下田布施504−1

OTODOKEぐるぐ - 写真
メワヨセの出水(いずみ) - 写真
 裏山に湧く地下水を大きな業務用“のあな”に通しているのが、Cafe'のもで出している「おいしいお水」です。そのお水は、店の前のベンチ脇にある「メワヨセの出水(いずみ)」で汲むこともでき、この一角、オシャレで大好きです。Cafe'のものコーヒーがおいしいのはお水のおかげで、「カフェゼリ6(シックス)」(税込200円)は、そのコーヒーをそのまま使ったゼリー。フルフルしたゼリーが黒蜜に浮かんでいて甘みと苦みが絶妙にマッチした、食べたことのないおいしさです。ガッツリ甘いものが食べたいわけじゃないけど、何かスイーツが欲しいときには、もってこい。「おかわり」を頼んだ方もいらしたとか、わかります!ランチメニュー(11時〜17時)もバラエティーに富んでいてスイーツも充実しているので、息抜きにピッタリの空間、女性のみならずたくさんのオジサマがスイーツを楽しまれていかれるとか。

TEL 0820-53-8686
営業時間:
9時〜17時(モーニングタイム:9時〜11時)
木曜定休 田布施町大字上田布施1123−1
カフェのも - 写真
岩盤浴ヨレム - 写真
年末年始オールナイト営業

 いよいよ寒くなってきました。汗が出にくいこの時期、身体の中からしっかり温まって欲しいと、ヨレムでは‖湯に長めに入る 岩盤浴に横になったら足にバスタオルをかける(フタをする感じ) シャワーで足を十分に温めておく、などの秘策をおすすめ。たしか年齢を重ねるにつれ足から汗が出にくくなるとか。あなどれません。冷えは女性に多いと思われていますが、実は男性にも多いようです。気ぜわしいこの時期こそゴロンと横になって骨休めしながら、足から汗を出して若返りを狙う、と。入浴前の施術(超足芯術、エステなど)は事前の予約が確実とのことですが、体内の流れをうながすと、てきめんに汗の出が違うんです。究極の方法は、呼吸法&瞑想法ルームでビデオを見ながらの呼吸法、まさに汗が噴き出ます。あまりの汗に私は休憩室で涼みながら瞑想法を。(ホントは眠っていた?)ロビーでは噂の「プラチナ電子ローラーReFa(リファ)」(税込2万4900円)の使い方ビデオの放映があり、お試しもできます。スタッフが丁寧に使い方を教えてくれるのですが、日夜研究しているだけあって裏技いっぱい!このリファは電源も必要ないのでマイリファを持って岩盤浴される方もいらっしゃるとか。ほぐされて、汗も出やすくなるそうです。私が好きなのは、肩や首、ふくらはぎをリファでコロコロすることですが、誰かに背中をしてもらうのが一番です。ここで試して即ご購入という、即決主義の方が多いのもうなずけます。

TEL 0820-52-0730
営業時間:10時〜23時(最終受付21時20分)
スタッフ活力充電のため、木曜定休
※予約いただくと確実です。手ぶらでどうぞ。
田布施町大字波野336ー20(田布施駅前旧商店街)

リファ - 写真
 寒さで肌がカサつく季節。ついクリームを重ねてしまいますが、最近では身体の内側からの保水力が話題に。乾燥するこの季節こそ内側の保水は効果大。その保水力を高めるのに役立つのが「ムコ多糖HOYO」、このHOYO、驚異のリピート率とか。私も愛用者の一人ですが、マイナス10歳肌と自画自賛してます!

HOYO歩輿 - 写真
必須ムコ多糖HOYO歩輿(ほよ)
400mg×300粒×2個セット 税込25200円

TEL 0120-83-3140
営業時間:10時〜18時
水曜定休
田布施町大字下田布施682−8(西京銀行隣)
名水の湧く山 - 写真
 山に降った雨がしみ込み、やがて清らかに岩々をつたって輝く流れとなる、日本の里山のどこにでも見られた情景です。水道水が“のあな”の母なる大地を模したセラミックスをゆっくり通ることで、まろやかでおいしい石清水のような“のあな”の水となって出てきます。料理に水は欠かせませんが、“のあな”ならふんだんに使えますから、野菜を洗ったり米を研いだり、食器を洗ったり、大活躍。買ってきた葉もの野菜を一度“のあな”で洗ってから冷蔵庫にしまうと、シャンとする気がします。
 この“のあな”のセラミックスと同じものがハンドル部分にぎっしり入っているのが、「ゆあびるあひる」というシャワー。アヒルが滝にうたれて気持ち良さそうにしているという夢を見られた社長のイメージが形になったそうで、箱にもそのアヒルちゃんのイラストがさり気なく。脱塩素セラミックスも組み込まれ髪にも肌にもやさしく、その気持ち良さにビックリします。
 この時期、湯船にゆっくり浸かりたい方には「らおのspa」。ずっしり重い本体には “のあな”に入っているものに加え、湯治で有名な秋田県玉川温泉の湯の花セラミックスが入っていて、湯船に沈めておくだけで湯冷めしにくいお湯に。元旦、その年一番の水を「若水」といって特別に扱ってきた日本人には、水を大切なものとする心が根付いていると思います。
 私は“のあな”に安心をもらっています。

LF浄水器のあな/ 税込20万7900円
ゆあびるあひるホワイト /税込2万6250円
家庭用温浴器らおのspa/税込5万2500円

TEL 0820-53-2100
営業時間:10時〜18時 水曜定休
田布施町大字下田布施682-8(西京銀行隣)

らおのspa ゆあびるあひる - 写真
田布施川 - 写真
 北は北海道、稚内、南は沖縄、与那国島、訪れない県がないほど、私は全国を動き回っている。
 旅をしてきた年数ももうずいぶんになるから、たくさんの人に会った。
 アタマの良い人にもたくさん会った。意識の高い人もたくさんいた。やさしい人も、するどい人もいた。
 いま振り返ってみて、どんな人が残っているか、と思ってみれば、自分のことを自分で決められる人だけだ。アタマの良さも、意識の高さも、やさしさも、するどさも、何にも関係がなかった。

 スタッフが「ネティエノさんはどうしてお金の儲からないものばかりに手をつけるんだろう」と聞かれたという。
 社長の私はそう言われて考えた。お金の儲かる仕事って何だろう。私にはわからなかった。
 私が手をつけている仕事は、お客の悲しみを解消してあげられるもの、私が楽しくなるもの、うれしい、うれしいで仕事ができるものに限られている。
 儲かるか儲からないかは、その仕事でどれだけお客に与えることができたかで決まる、と思っている。私はこれだけは自分で決めている。

 あちこち旅をしてみて、旅人は人と光と風に引き寄せられているような気がする。
 田布施に人を集めるにはどうしたらよいか。人を磨き、光を磨き、風を磨かなくちゃ。そんな思いだけで事業をしている。人にひかれ、光にひかれ、風にひかれて、旅人が田布施に引き寄せられる。
 田布施の「お土産」には何がいいだろう。いまそんなことを考えている。そのお土産が北海道から沖縄まで広がっていく。
(西)
うれしい新聞第54号は、2010年12月18日発行です。




Total921204 Week5953 Yesterday1022 Today588 IP check in 30 min Since 2010-12-12