フランス食堂-写真
 フランス食堂は冬仕度。11月25日から1ヶ月間、今年もイルミネーションが外観を彩る。きれいだよ〜。そして自慢の季節限定コース料理も衣替えだ。今回登場するのは、『一寸先は…光!コース』(税込2800円・予約の必要なし)。おぉ!なんとなく浮かない世相だから、このネーミングはキラリだね。身体の内から元気になろうって、励まされている気がする。ちょっとご紹介。前菜のオードブル3種とスープ、トマトビーンズスープスパゲティ、アトランティックサーモンと茸のポワレ クリームジェノベーゼソース、そして牛ヒレステーキ葡萄ソース。自家製デザートとドリンク付だ。聞いているだけでポワ〜ンと夢心地。この時期は、気のいい仲間やなつかしい人と一緒に過ごす機会が多いかも。フランス食堂でしっとりとしたピアノのBGMに包まれて、おいしい洋食と決め込もう!(お昼の店内音楽はわが社の社長のオリジナル曲なんです。ここにも手作りのおもてなし)そして、この冬もうひとつのポカポカメニューがこちら。11月から2月まで冬季限定で0のつく日は『グラタンの日』(税込1200円)。北風ピープー吹くこれからには“ホフホフッ”と最高だ。他にもちょっと特別なハレの日のために『バースデーコース』(税込2000円)をご用意。こちらはおもてなしの準備のため前日までのご予約を。誕生日に限らず「○○おめでとう」の日でも「○○ありがとう」の会でもご利用いただけたらうれしいな。

 フランス食堂は、皆さんの笑顔であふれるお店になりたいから!

TEL 0820-52-4042
営業時間:
10時30分〜14時/ランチタイム(スペシャルランチは11時〜14時限定)
14時〜17時/貸し切りタイム
17時〜/ディナータイム(ご予約承ります)
20時30分/オーダーストップ
21時/閉店
水曜定休 田布施町大字下田布施504−1
よろもなカップケーキシリーズ 栗抹茶 - 写真
 そういえば、私の生まれ育った町にもあったあった。喫茶店が。1軒だけ。高校生の頃、休みの日には、モーニングとシャレこんでいたなあ…。なんて、店内に流れるモーツァルトの音楽を聴きながら、ボンヤリと天窓から見える竹林と青空を眺めていたら、「ハイ。お待たせしました。栗抹茶です」ほぉ、これが「よろもなカップケーキシリーズ」の新作か(単品税込250円、コーヒーセット税込500円)。普段はスィーツ系はほとんど食べない私だが、一口。うん、ほんのり渋い抹茶のスポンジケーキに、生クリームがうまい具合に滑り込み口を湿らせてくれる。二口。栗だ栗だ。三口。おっ、中にあんこだ。四口、五口、六口。ペロッとごちそうさま!セットでいただいたホットコーヒーがまたおいしい!やっぱり水がいいんだよね、とコーヒーを飲みに来られてたご近所のおいちゃんと談笑だ。

カフェゼリ6 - 写真
 他にもおすすめの新メニューが、そのおいしいコーヒーを使ったゼリー「カフェゼリ6」(税込200円)。波照間産の黒糖から作った黒蜜をのせた和のテイストだ。“Cafeのも”のデザートには目が離せないね!もちろんおなかをしっかり満たしてくれる、自信作のランチメニューも是非どうぞ。ネーミングがイカシてるんだから。こちらはご来店してからのお楽しみ!田布施の風と光を感じながらごゆっくり。

TEL 0820-53-8686
営業時間:
9時〜17時(モーニングタイム:9時〜11時)
木曜定休 田布施町大字上田布施1123−1
HMU音楽祭-写真
100年の後CD-写真
 わが社は、8年前から2年に一度オリジナルソングのCDを自主制作しています。おもいの詰まった歌を百年後も歌い継がれていくように、と。CD「100年の後(のち)」といいます。現在5作目「100年の後后廚鮴作中です。そして今回、節目として、来る12月25日(土)13時より「サンビームやない」にて『HMU音楽祭』を開催いたします。ゲストには現在KRY山口放送のラジオ番組「VIVA親父」に出演中のお二方、ヤスベェこと大谷泰彦さんと「田布施駅から」の茂和淳平さんをお招きしております。この『HMU音楽祭』にうれしい新聞読者の方5名をご招待させていただきます。
官製はがきに「チケット希望」と書いていただき、

(1)氏名 (2)年齢 (3)電話番号 (4)住所 を書いて、

次の宛先までお送りください。

〒742-1515 熊毛郡田布施町大字上田布施1209番地
やのくに研修所 「HMU音楽祭」係

締切り:12月15日(水)当日の消印有効
お待ちしております。

※ 宝島田布施うれしいクイズとは別  にご応募ください。
自転車-写真
 お笑い芸人「松本人志」が、テレビの番組で笑いをつくる現場を密着取材させているのを見た。笑わせるアイディアをどうやって絞りだしているのかが、私のやり方に似ていて、とても興味深く見た。ただ、私はあんなふうにのた打ち回るほど苦しみはしないなと思った。私の場合はアイディアがするするするっと下りて来ることを思った。

 彼は番組の中で「悲しみの裏に笑いがあり、笑いの裏に悲しみがある、と思う」と語っていた。私の、「商人は悲しみを埋めるのが仕事」という念いに共通するものがあると思った。

 彼の笑いの原点ともいうべき子どもの頃の思い出話に、私は思わず惹きつけられた。

 幼いころ、街を動き回るのに自転車が欲しかったのだが、家が貧しくて自転車を買ってもらえなかったと彼はいう。自転車を買ってもらえなかったのだが、彼はどこに出かけるにも自転車に乗っていたというのだ。

 そう。見えない自転車だ。自転車に乗ったつもりで、ハンドルを持ったつもりで、どこへでも出かけたというのだ。そこに着いたら、自転車を降りて、ちゃんとスタンドを立てて、そこに入って行って、出てきたら、またスタンドを撥ねて、サドルをまたいで、また自転車に乗って帰っていくという。思ってみれば悲しい思い出だと思うのだが、想像してみると、何かしら笑える景色でもある。私が学生の頃、お金がなくて、それでもからだに野菜が不足しているような気がして、今日はなんとしても野菜を摂らなきゃと思って、スーパーマーケットに行って有り金はたいてキュウリを一本だけ買ってきて、自分の部屋でひとり「あじしお」をかけてかじっていたことを思い出す。野菜が不足しているどころか何もかも不足していてやせ細っていたのだが、想像の世界で栄養のバランスを真剣に考えていた。笑える思い出だ、悲しいけれど。無いことは幸いである、どんなふうにでも想像することができるから。それが、明日に向かって生きる糧になる。今ここに無いものは、想像する、描くしかない。まだ来ぬ明日のことは、想像する、描くしかない。その描くことが、今の、今日の、目の前の現実との間にギャップがあるから、笑えるのだ。想像して笑える、描いて笑えるのだ。何にも無いから何でも有る、心に描けば何でも有るのだ。

 迷っている、答えが見つからない、取るべき答えが無い。明日のことがわからない、明日歩く道が見つからない、歩くべき道が無い。無いのだから、想像するしかない、描くしかないのだ。描けば、ほら、有るのだ。何にも無いことは実に幸せなこと。描きさえすれば、何でも有るのだから。答えを見つけ、実践して、振り返って、何にも無いと思っていた頃を思い出して、悲しかったねと振り返りながら、笑うのだ。自転車を買ってもらえなかった松本人志は、見えない自転車を乗りまわしていた。松本人志はエライと思う。バッカだなあと思いながらも笑ってしまう。私はこんなふうに生きていきたいと思う。

 「見えない自転車」、「見えない明日」、「見えない道」は、その気になれば見える。ホラ、見える。

(西)
うらめし屋 OTODOKEぐるぐ - 写真
 昔は、何かといえば家に人が集まっていたなぁ。その度に女性軍は大奮闘だった。子ども心に大変だなって思ってた。でもいつの間にかそんな機会も少なくなって、特別なハレの日の料理は自分で作るものという風潮も時代と共に変わってきた。そして今、うらめし屋だ。お客様に代わって、精一杯おもいのこもった手作りの料理を提供させていただくんだ。うん。「フランス食堂で食べておいしかったからお願いするよ」とうれしいお言葉もいただき、お陰さまで、お弁当、オードブルのご注文も数多くいただくようになった。只今、うらめし屋では『お正月のオードブル』(税込1万円)のご予約を承り中。「一度オードブル頼んでみようか」という方、是非どうぞ。揚げ物ばかりじゃなく、煮物もバランスよくしっかり入ったうらめし屋のお正月オードブルは、お子様からご年配の方まで召し上がっていただけると、好評をいただいている。そして、お届けするのは「OTODOKEぐるぐ」だ。

 最近は手をふってくれる子どもたちが増えてきたとか。「アイドルじゃ」とスタッフもうれしそう。

 「おいしい」をいっぱい載せて今日も走るよ、ぐるぐ号!「自転車に乗って〜、君の町まで〜」

お正月のオードブル - 写真

TEL 0820-52-4042
営業時間:8時〜18時(田布施町・平生町一部・柳井市一部・光市一部お弁当お届けします。配達ルートによってはお届け出来ない場合もございま
す。ご了承ください)
水曜定休
田布施町大字下田布施504−1
しょうゆの実南高梅干し天ぷらぶっかけうどん-写真
 前向きなうどん屋に新顔登場。「しょうゆの実南高梅干し天ぷらぶっかけうどん」(税込650円)。

 山形産のしょうゆの実と紀州は南高梅の天ぷらをトッピングしたぶっかけうどんだ。風味としゃきっとした素朴な味わいを楽しみたい一品。ぐるぐるっとかき混ぜてザッと豪快にいこう。ところで、最近のうどんランキングは?というと。相変わらず新揚カリッとかき揚げうどん、トン豚うどん、ジャポネカレーうどんは強いらしい。ベスト3は不動なのか。季節がら稲庭ざるうどんがやや後退しているようだ。根強いファンがいるから心配はないが。ひとまずよくがんばってくれた、と労をねぎらう心やさしき大将。そして今、虎視眈々と上位を狙っているのが、「名古屋コーチン鍋焼きうどん定食」(税込1350円)。

名古屋コーチン鍋焼きうどん定食-写真

夏の間、じっと出番を待っていた大物だ。なんたって鉄鍋だぞ。熱いんだぞ。やっと来ました私の季節ってなもんだ。残っただし汁にご飯を入れて雑炊なんて芸当は、ジャポネカレーうどんにだって負けやしない。なんたってこっちは鉄鍋なんだから(私みたいに異常な汁好きは、ご飯を入れる前にだし汁がなくなることがあるのでご注意を)。こんな熱い戦いが大好き昭和亭で繰り広げられているのか。そうそう、うどんのおいしさに夢中になるのもわかるけど、店内BGMにも耳を傾けて欲しいな。自社制作のオリジナルソングCDなのだ。おまけに日曜正午にはお店の前でフォークライブ。音楽聴きながらのうどんもおつなものだ。

TEL 0820-53-4400
営業時間:
11時〜14時
17時〜20時
水曜定休
田布施町大字下田布施682−8(西京銀行隣)
岩盤浴ヨレム 呼吸法&瞑想法ルームに大変身 -写真 岩盤浴ヨレムは、暑さ寒さに関係なく、季節に応じた快適空間を作り出している。そして「清潔感あふれる空間こそが最高のおもてなしです」とスタッフは言う。いつ行っても変わらぬ清潔感こそがお客様の安心感だ。そして、次々と変身も遂げる。で、さっそくVIPルームが呼吸法&瞑想法ルームに大変身したらしい。即、体験!床はすべらない材質のヨガマットが敷いてあるので安心。そして、ルーム内のモニターテレビには、わかりやすい解説付きのDVD映像が流れるので、動きはインストラクターを真似すれば大丈夫。これがすごい。始めて数分もたたないうちに滝のような汗。みるみるうちに作務衣はビショビショに。なんということ!これでもまだ準備運動の段階だとか。ひぇ〜!呼吸法、瞑想法ともに約20分だが、ご自分の体力と体調に相談してご利用いただけたら非常に効果的。特に汗の出にくい方、是非体験してみて!他にも今、ポータブルテレビの貸し出しもあるので、ヨレムではいろんな過ごし方ができる。しっかり汗を流したあとはロビーでくつろぎタイムだ。私が一番好きな時間。気持ちいい〜!ずーっと変わらぬ清潔な快適空間。何年後かにふらっと入っても全然変わらない…なら、それってすごいね!館内BGMもおもてなしのひとつ。今ロビーには自社制作のオリジナルソングCD「見上げてごらん。」が流れている。

TEL 0820-52-0730
営業時間:10時〜23時(最終受付21時20分)
スタッフ活力充電のため、木曜定休
※予約いただくと確実です。手ぶらでどうぞ。
田布施町大字波野336−20(田布施駅前旧商店街)
フォーク酒場 どんじゃらほい - 写真
 毎週土曜には夜8時からフォークライブをやってるんです。出演は私(誰?私って)。なつかしの歌のオンパレードで、お客さんと一緒に大盛り上がり。ただ、歌もギターも一生懸命やってるんだけど、どうにも客席のテーブルが気になって仕方がないんです。…北風がしみてきたけどやっぱり1杯目は生ビールかな、それとも店長一押しの鹿児島産いも焼酎「魂基準」?えっ、いきなり噂の「ブラックストーン」か!つまみは、名物の「博多おでん」かな。いいだしが出てるよ〜。なんたってすぐ食べられるのがいいんだよね。それから人気の「博多手づくり源喜ぎょうざ」だ。これは是非いっちゃってんやい。(ここは博多弁でしょう!) 一口サイズでいっくらでも食べられるから。どんじゃらほいは博多料理のお店?いやいや、東北料理も勢揃い。自信のラインナップだ。いいかい、いくよ。(って、あなた歌うたってるんじゃないの?) 佐賀のみつせ鶏をはじめとした、各種串焼きは本格炭火焼だ。麺類も横手焼きそば、稲庭うどん、盛岡冷麺と豪華キャスト。その他お酒も肴もたくさんたくさん。あー、書ききれない。ほ〜、さすがフォーク酒場だ。料理まで「東へ西へ」とまるで揚水じゃん。お酒と料理の話題もいいけど、ずらっと掲げてあるフォークシンガーの札を見ながらの思い出話も最高だね。「ほらほら、あの人の歌ってなんだっけ」「昔はよく聴いていたんだよ」「なんかなつかし〜」とお客さん。青春時代のBGMを肴に“どんじゃらほい”だ!! そしてまた「明日に向かって走れ!」ジャン。
TEL 0820-52-8098
営業時間:18時から22時くらい
水曜定休
毎週火曜日・日曜日は禁煙になります。他の曜日は店内喫煙可能です。
田布施町大字下田布施710-3
1F(ピクロスそば)
 高校を卒業して初めて故郷を離れて、今までいくつの町に住んだろう。町の規模や景観はどこもそんなに変わらないのになぜか住みにくく感じたり、妙に気に入ったりするのは不思議だ。風が合うとか、水が合うとかとよく言うが、町が自分を受け入れてくれていると感じるところは、居心地がいいんだと思う。私にとって田布施はそんな町だ。そしてさらに、住まいのこと何でも相談できるピアレックスが田布施にあることが、私の大安心だ。

TEL 0820-52-5113
営業時間:9時〜18時
年中無休
田布施町大字下田布施985−7

ピアレックス 田布施はみんなの宝島 - 写真
乗ったまま弁当 ばらずし - 写真
 「ラ、ラ、ラ、や〜の〜くに」と流れる軽快な音楽のリズムとは関係なく、懸命に旗を振っている乗ったまま弁当の担当スタッフ。夕食ランチ?の第1弾『博多焼きチャンポン』(税込540円)は、具沢山でおいしい!と大好評だとか。そして、ついに第2弾がお目見えした。その名も『ばらずし』。(税込500円)そう、『ばらずし』。ひとことで言えば“鯖のそぼろ寿司”。某テレビ局でも紹介された京都地方のお寿司だとか。珍しい鯖のそぼろがやさしい酢飯にベストマッチング〜。「う、う、うまい!」。寿司に欠かせないレギュラー陣のしいたけ、錦糸卵、かまぼこ、グリンピースたちもしっかり脇を固めて、紅しょうがが色、味にアクセントをきかせてる。どうです、こりゃスミにおけないぞって。お手軽だけど、実に本格的。これぞスーパーB級グルメだ!バランスのとれたお昼の日替り弁当(税込550円)も、女性に人気の人参シリシリ弁当(税込298円)も負けちゃいられない。売り切れごめん!のお昼と夕食ランチ?ご予約いただけたら確実です。ところで、ここで流れてる音楽、私が歌ってます。
TEL 0820-52-4042
営業時間:11時〜売り切れるまで/夕食ランチ?は17時〜売り切れるまで
毎週月・火・木・金・土営業
水・日・祝は定休日
田布施町大字下田布施682−8(西京銀行隣)
 その昔。「あ〜、やっと見つけたよ!」と弥寄館を捜し当てて喜ばれたお客さん。すかさず「ここ?」と予想に反したお店のサイズにちょっとびっくりされた方がいらっしゃった。「お店はコンパクトだけど商品にかけるおもいは店からあふれ出るくらいに無限大なんです!」と言ったか言わなかったか知らないが…。弥寄館の商品は、うちの社長が全国をまわって出会った選りすぐりのものばかりなのだ。どれもみーんな愛着のあるステキな商品。今回はこちらにスポットライトだ(みんな出たがりなんだよな。ごめん、順番順番)。
TEL 0820-52-0846(親には子には弥寄館)
営業時間:10時〜18時
木曜定休(前もってわがまま言っていただければ開けます)
田布施町大字上田布施1209番地

ずっと変わらず愛されているロングセラーたち
弥寄館 醤油ゴマ/岐阜県(税込525円)-写真 醤油ゴマ/岐阜県(税込525円)

弥寄館 波照間産黒糖-写真 波照間産黒糖/沖縄県(税込388円)

弥寄館 おさしみわかめ-写真 おさしみわかめ/宮城県(税込1,050円)

ニューフェイスたち。今、まさに旬。ノッてます!ご飯がすすんで仕方がない3人衆!
弥寄館 しょうゆの実-写真 しょうゆの実/山形県(税込180円)

弥寄館 にんにくラー油-写真 にんにくラー油/静岡県(税込556円)

弥寄館 ラー油きのこ-写真 ラー油きのこ/静岡県(税込661円)

 お目当ての商品を目指して来るのも楽しみ。気に入った商品を見つけるのもうれしい。それが弥寄館!
和夢門 - 写真
 以前、子どもたちと陶芸体験をして、そのときの思い出を『夢中な時間』という歌にした。和夢門のテーマソングだ。「ペ〜タペッタ、ペ〜タペタペタ」と調子のよい音楽が流れる和夢門に寄ってみた。店内は見渡す限りの作品群。皿あり、花瓶あり、動物たちやら、?のものやら、思い思いの形だ。もの作りといえば、私は小さい頃からプラモデルを作るのが好きだった。小さいパーツをひとつひとつくっつけて形にしていく。でも出来上がってくるにつれてなんだかうれしいような、淋しいような…。そうなんだ。作っているときが一番楽しいんだ。出来上がりなんてどうだっていいんだ。(ハハ、ちょっと言い過ぎ。)「上手とか下手とかまったく関係ないんです」「作品の薄さにこだわって挑戦している方もいますよ」だって。いろいろだ。なんだか無心に土をさわってたら、自分の知らない自分を発見できるかもしれないなあ。こりゃ究極の癒しだ。ちょっとペタペタやってみるか!

和夢門陶芸くらぶ
月4回 月謝/6000円
1回につき2〜3時間(都合のよい日時にどうぞ)
◎粘土代、焼成代は別途要
◎体験コース有

くらぶのこと体験コースのこと、お気軽にお問い合わせ下さい。
TEL 0820-51-3005
営業時間:10時〜18時 水曜定休 田布施町大字下田布施2159−1 ほひほ1F
新茶房やろん ことばの石の店-写真
 ガラスに大きく「ことばの石の店」。何か気になるけど…。いくらいい話を聞いても、どんなにすてきな音楽を聴いても、形のないものって残らない。でもそれが1冊の本なら?1枚のパンフレットなら?そのものを見ただけでそのときの感動がよみがえる。だったらそれがたとえ石ころ1つでも同じだ。形のある石ころに置き換えることで、形のない感動は残っていく。見えるものと見えないもの。どちらもこの世にある。静かな「やろん」でコーヒー飲みながら、以前うかがったお話を思い出してみたりする。ふっと一息つくもよし、ぼーっと何にも考えないのもいい。最近ふらっと来店されて、気になる本を読んで過ごされている方がいるとか。それもいい。著書『自分と話ができる!』は「やろん」おすすめの1冊だ。

著書『自分と話ができる!』-写真
TEL 0820-51-2628
営業時間:10時〜18時 木曜定休 田布施町大字下田布施683−1(西京銀行隣)
『やんもお片づけ隊』-写真
 『やんもお片づけ隊』のスタッフから興味深い話を聞いた。「お顔がね、変わっていくんですよ」って。「なに?」「お客様のお宅をね、どんどん片付けていってると、お顔がね、みるみる明るくなっていくんです」だとか。自分ではどうしても捨てられないモノってあるし、どう整理していいかわからないほどあふれたモノはもう手がつけれない。そんなモノと一緒にいろんなおもいもしょい込んでいるのかもしれないね。お客様の明るい笑顔が『やんもお片づけ隊』のお仕事完了マークってわけだ。

 「お家の悩み、ご相談下さい。まずはお客様のお話をとことん聞かせていただきます」だって。レッシュならなんとかしてくれるらしい。

TEL 0820-52-5002
RESSH統括本部
営業時間:9時〜18時
田布施町大字麻郷奥265−1
EWO エウォ 超足芯術-写真
 私はどちらかというと人よりは身体は柔らかい方だと思う。でも、それがどうした、というくらいにやられた。超足芯術に。身体の柔らかさなんて別もので、私の身体はガチガチのゴワゴワだった。思えば、自分の身体いたわってなかったなあ。超足芯術は痛いとは聞いていたが、なんのなんの。足裏でぐーっとツボに入り、底までいくと今度はすーっと抜かれる。そのときの気持ちよさといったら、もう「あ〜」だ。「あ〜」しか言えない。まだの方、是非体験していただきたい。「お〜」かもしれないけど。施術後は身体中の血液がサーッと流れる気がする。これからの時期、特に冷え症の方にいいかもしれない。ただうつぶせになっているだけなのに、たっぷり運動したみたいだから不思議だ。『技倆総合学院EWO』では他にも頭皮マッサージや足ツボがあり、身体全体を念入りにメンテナンスできる。車じゃないが、定期的にマメに点検すれば、ずっと長く走り続けることができるぞ。

 自分の身体、大事に乗らなきゃ!

★EWOのおススメコース★
◎超足芯術
 セミロングコース
 60分4500円(税込)
 ロングコース
 90分6500円(税込)
◎頭皮揉術健康法
(頭皮マッサージ)
 30分3000円(税込)
◎足裏健康法
KUQ(足ツボ)
 30分2500円(税込)

TEL 0820-51-2628(予約優先) 
営業時間:10時〜18時  木曜定休
田布施町大字下田布施683−1(西京銀行隣)
風の吹く丘-写真
 「風の吹く丘」は「風の福岡」。わが社の社長は、学生時代を福岡で過ごし、当時は音楽に随分励まされたと聞く。音楽が趣味だったというよりは、生活の中に刷り込まれてた、そんな印象だ。奇しくも私も同じ福岡の風に吹かれて学生時代を送った。当時の博多には伝説のライブ喫茶「照和」があった。社長はリアルタイムでチューリップや海援隊の活動を追いかけた。私は、彼らが中央に進出したあとの残り香漂う「照和」しか知らない。熱狂的なファンの声援の残響、輝く彼らの残像しか見ることができなかった。でも私は彼らがいた福岡が大好きだった。だから「風の吹く丘」という名前が大好きだ。とってもいい名前だと思う。だから、ここが「照和」のように人々のこころに残る場所になってくれたらうれしい。小さくてもここ「風の吹く丘」がいい!とホームグラウンドにして活動してくれたらうれしい。ここで歌って、演奏して、腕を磨いてそして外でも羽ばたいてくれたらうれしい。

 「照和」の最前列で目を輝かせていた若き社長の姿。「風の吹く丘」でもそんな若者を見てみたい。ライブハウス「風の吹く丘」は田布施にあるんだ。出演者募集中。

 ライブも練習もOKです。お問い合わせは、やのくに陶芸和夢門へ。

TEL 0820-51-3005
営業時間:毎週木・金・土・日・祝の18時〜21時
入場料800円
田布施町大字下田布施2159−1ほひほ1F
ネティエノ かかとのないシューズロシオ - 写真
 ネティエノには浄水器「のあな」という主力商品がある。でもそれ以前から取扱っていた“かかとのないシューズロシオ”というロングセラー商品がある。かかとがないのだからちょっと変だ。変だけどこれがいいらしい。かかとをカットした独自の形状が、履いて歩くだけで筋肉増強、腰痛体操の作用を促してくれるんだとか。なるほど〜、確かにふくらはぎからももにかけてグッとつっぱる感じがするし、おまけに自然と背筋が伸びて姿勢がしゃんとしてくる。履き心地も妙に気持ちいい。運動不足が気になるけど、「時間がない」という方にはうってつけかも。なぜって、このロシオ、「履くだけ」だから。ウォーキングできなくても、普段から普通に履いて生活していればストレッチ効果があるっていうんだから、私みたいな面倒くさがりやには、この「○○だけ」っていうのがシンプルで実にいい!バリエーションも豊富でスーツにだって違和感のないタイプもあるのでビジネスマンにもおすすめだ。ROSIO(ロシオ)税込1万3440円。牛革タイプ、ロシオグランヴィア税込1万6800円。このロシオ、ネティエノの最古参だけあってただものじゃあーないぞ!

 ところで、サプリメントはこちらがおすすめ。メカブを原料としたフコイダン清涼飲料 「西風鳳(せいふうほう)」だ。海藻類に含まれるフコイダンという成分が何やら話題らしい。暑い夏を乗り越えてきた方も是非お試しあれ。西風鳳は毎日コツコツと「飲むだけ」だから。

 1本540cc、2本セット税込3万7800円。

TEL 0820-53-2100
営業時間:10時〜18時 水曜定休
田布施町大字下田布施682−8(西京銀行隣)
 グループ会社の音楽、音響関係を担当しています。現在はKRYラジオの出演(ヤスベェのV!VA親父)、どんじゃらほいの土曜フォークライブ、大好き昭和亭前の日曜フォークライブとギター抱えて奔走中です。“歌でしか伝えられないおもいがある。”CD「田布施駅から」もどうぞよろしく。茂和淳平は私です。
※このクイズは今回のうれしい新聞編集者(古木秀典)が作成しました。

★クイズ1
わが社では8年前から2年に一度オリジナルソングのCDを自主制作しています。そのCDのタイトルは次の3つのうちどれでしょう。
”看の後 ∪蘿の後 K年の後

★クイズ2
フォーク酒場「どんじゃらほい」では毎週土曜日夜8時から、ある事を行っています。ある事とは一体なんでしょう。
 ̄撚茣嫋涓顱´¬〆諭´フォークライブ

★クイズ3
ズバリ!この新聞の名称は?
,いしい新聞 △Δ譴靴た景后´たのしい新聞

★全問正解された方の中から抽選で3名様に、何と!フランス食堂スペシャルランチご招待、大好き昭和亭うどんペアご招待、岩盤浴ヨレム入浴ご招待のいずれかをご利用いただける「ご招待券」をお送りいたします。

★解答は、メール本文に、.イズの答え(3桁の数字) ∋疚勝´G齢 づ渡暖峭罅´イ棺蚕蠅鮟颪い董tabuse8@gmail.comへ送信ください。
※官製ハガキでの応募もできます。
〒742−1511
熊毛郡田布施町大字下田布施682−8
(株)ネティエノ 宝島田布施うれしいクイズ係
締め切りは、12月14日(火)18時着
です。

QRコードからもメール可能です。カメラ付き携帯電話で読み取ってください。

宝島田布施ブログ - QRコード
宝島田布施ブログ - QRコード

田布施 地図(やのくにマップ) - 写真
Total921209 Week5958 Yesterday1022 Today593 IP check in 30 min Since 2010-12-12