今の瞬間にしか生きられない私たち人間は「今」を肯定するしかないのだ。
しかも、一瞬、一片の、疑いもなく肯定するしかない。だから、現実大肯定なのだ。


 街の灯りがともる頃、ひときわ明るく賑やかな場所がある。お出迎えは、チューリップの音楽に合わせ、ギターを弾き動くうちの社長人形。スポットライトを浴びて夜もよく目立ち目印になっている。昭和の時代を思い出し、青春を謳歌した、今は団塊の世代の人達が集まり、わいわいがやがやお酒を飲む。一日の打ち上げに「よし!今日は、どんじゃらほいしよう!」と、どんじゃらほいに団塊の世代の人達が集うことを社長は願っている。若者のグループと団塊の人達との意外な交流もまたどんじゃらほい!と楽しめる所である。
 店長からのお知らせ。10名以上の予約で、曜日毎のとっても嬉しい特典が付いてくる。金額に応じた、おまかせコースもあるよ。土曜20時〜フォークライブ開催中。お気軽にどうぞ。さぁーみんなでどんじゃらほい!ほい!と盛り上がろう。

TEL:0820-52-8098
営業時間
11時〜17時
18時〜22時くらい
日曜定休
毎週火曜日は禁煙になります。他の曜日は店内喫煙可です。
田布施町大字下田布施710-3
1F(ピクロスそば)
みんなでどんじゃらほい!ほい!


 田んぼのある風景に、突如として現れた喫茶店。こんな田舎にあったらいいよね、という社長の夢を実現させたのがこのCafeのも。窓から見える風景はどの部分も1枚の絵になる。また店内には大きな天窓があり、この天窓からのぞく竹林がまたいい。ゆらゆら揺れる景色を眺め、地下から汲み上げた美味しい水で淹れた美味しいコーヒーを飲んでほっと一息。一瞬、異空間にいるような不思議な感覚。Cafeのもは光と風を感じる場所だ。おいしいコーヒーのおともに、『のものロール400円(税込)※コーヒーセット650円(税込)』や『23歳の花道400円(税込)※コーヒーセット650円(税込)』などスィーツも充実している。Cafeのもでコーヒーのものも!!

TEL:0820-53-8686
営業時間 9時〜17時(モーニングタイム:9時〜11時)
火曜定休 田布施町大字上田布施1123-1

Cafeのも 光と風を感じに


 【超足芯術】は、田布施発祥の施術法。うちの社長がお客様の身体の困ったことを解消するのに何か良い方法は無いか?と思っていた時に、夢に出てきたことが発端となって【足芯術】という、足圧健康法が出来上がった。やがて年月が流れ【足芯術】は【超足芯術】に進化発展した。より深いところのこりや疲れまで届く施術に進化した。ある時、競輪の選手が超足芯術を受けにご来店。競輪の選手と言ったら半端じゃない足の筋肉の鍛えようで、太ももが女性のウエスト(細身の方)位ある。「この筋肉のこりには、足じゃないと効かないんだよね」と話されていた。スポーツの半端じゃないこりにもおすすめ超足芯術!!

技倆総合学院EWO 効く〜っ!超足芯術

★EWOのおススメコース
◎超足芯術
セミロングコース
60分5500円(税込)

◎頭皮揉術健康法
(頭皮マッサージ)
30分3000円(税込)

◎足裏健康法
KUQ(足ツボ)
35分3000円(税込)

TEL:0820-51-2628(予約優先)      
営業時間:10時〜18時 木曜定休
田布施町大字下田布施683-1(西京銀行隣)


 40年前、社長が大学生だった頃いつも出会う豆腐屋さんがいた。リヤカーに豆腐をたくさん載せてラッパをプププーと鳴らしながら、ゆるゆると歩いていた。そのおじいさんがいつも決まって言っていた言葉が、「いっちょん(ちっとも)売れん、いっちょん売れん、いっちょん売れん」(博多弁)。そんな思い出をもとに、田布施やのくにの地下水で美味しいとうふを作ってみたいという念いがかたちに成ったのが、『いっちょん売れんやのくにとうふ』。山口県産の大豆の味が濃くて甘くてとってもおいしいお豆腐に仕上がった。にがりも萩から取り寄せ、純山口産のこだわりよう。「うちの子どもが大好きなんです。何も付けずにペロッと1丁食べちゃうんです」う〜ん、子どもは、本物の良さがわかる。

いっちょん売れんやのくにとうふ 田布施やのくにの名物に

◆販売店
◎Cafeのも上の駐車場にある豆腐販売所
◎EWO内やろん
◎村の売店弥寄館

いっちょん売れんやのくにとうふ


 復興するには、まずは元通りに復旧することだ。元通りなら誰にも描ける。希望を持って活き活きと描ける。前向きになれる。去年を象徴する漢字『絆』は温かい言葉ではあるが、一人ひとりが復興していくには、無力だ。自分はどうする?が問われている。

 全校児童一〇八人のうち六八人が一瞬にして命を落とし、六人が行方不明になったという小学校の悲劇は、教育現場を襲った災害として歴史に深く刻みこまれることになった。だが、それだけに限らない。単なる天災で終わらせることができない背景があるからこそ、長く記憶に留められるかもしれない。小高い裏山に駆け上がる提案を却下されて、集団で土手まで逃げたところを津波にのみ込まれたという。
 一方、「津波が来るぞ」。ただならぬ激しい揺れが収まると、大声を上げながら最初に走り出したのは、部活動などでグラウンドに出ていた生徒たちだったそうだ。3月11日午後2時46分、マグニチュード9の巨大地震による激しい揺れで、岩手県のある中学校の校内放送は停止したため、「逃げろ」という先生たちの指示は伝わらなかった。しかし、先頭切って駆けだした生徒たちを追うようにして、校内にいた生徒たちも避難場所に指定されていた高台のグループホームを目指して走り出した。隣接する小学校の児童たちも、校舎の中にとどまってはいなかった。これまで何度も合同避難訓練に取り組んできた中学生たちが高台を目指す姿を見ると、階段を走り降り、校舎を飛び出してその後を追ったのだ。そして、互いに励まし合いながら、高台を目指して子どもたちが走り去って間もなく、これら2校の校舎は津波の直撃を受けた。間一髪だったのだ。「釜石の奇跡」と呼ばれている。それだけにとどまらず、釜石市内では約3000人の小中学生のほとんどが押し寄せる巨大津波から逃れて無事だった。この「奇跡」を支えたのが、「想定を信じるな」「最善を尽くせ」「率先避難者たれ」の「避難の3原則」だったという。(以上、ブログより引用)

 三陸海岸地方には「津波が来たらどうしたらいいか」という、いわば危機管理法のような言い伝えがあるそうだ。その地方に住むほとんどの人がよく知っている言葉だ。『津波てんでんこ』。「てんでんばらばら」の「てんでん」だ。「津波が来たら人のことを構わずに自分がまず高いところに一目散に逃げろ」ということだ。「みんなで逃げるのではなくて、人のことを心配するよりもまず自分が逃げろ。てんでんばらばらに逃げろ」というのが言い伝えだ。これがたくさんの人の命を守る一番の方法だと。
 『津波てんでんこ』。悲劇と奇跡を分けたのは『津波てんでんこ』だったのだ。『津波てんでんこ』、それは冷たい話のように聞こえるかもしれない。だけど津波に襲われた時のこのうえない危機管理法である。自分はどうする?真のひとり歩きが求められている。山の上に集団移転させるより、今までいたその場所で復旧し、復興を目指すのがよい。山の上は駆け上る避難公園として整備するのがよい。そして『津波てんでんこ』を日々訓練する。
 18年前の1994年3月、私は、大船渡、釜石、気仙沼を講演して回った。講演会場になった市の体育館には大漁旗が数多く飾られ、港には船が行きかって活気があった。その記憶が鮮やかによみがえるだけに、早く元通りにと願っている。復興を心から願う。(西)


 陶芸の最終工程は、1260度の高温で「本焼き」をすること。ここで作品の出来がほとんど決まってしまうそうだ。自分の作品を最後の最後に火のはたらきに委ねる。しかしその委ねて待っている時も楽しみの一つだ。どんな作品に仕上がるかわくわくする。思った通りに焼き上がったり、イメージとはちょっと違っていたり、思っていた以上に仕上がっていたり。そこまでは、自由に粘土を足したり、削ったり、曲げたり、伸ばしたり、陶芸は自分が思い描いた通りに形にしていくことができ、楽しさがある。使う楽しさもイメージして作るから、生活の中にうるおいが生まれる。和夢門で、ゆるゆるともの作りの面白さを味わおう!新しい自分が発見できるかも。

やのくに陶芸 和夢門 もの作りの面白さを味わうところ

和夢門陶芸くらぶ
月4回
月謝6000円
1回につき2〜3時間(都合のよい日時にどうぞ) 粘土代、焼成代は別途要

◎体験コース有 くらぶのこと体験のこと、お気軽にお問合せください。

TEL:0820-51-3005  
営業時間:10時〜18時 水曜定休 田布施町大字下田布施2159-1ほひほ1F


 もともと乗ったまま弁当は、うらめし屋のお弁当を買いに来てくださる方が増えてきて、道の奥まで入って行くのではわかりにくいし大変だなぁ。そうだ!モノを売る時は、わかりやすい表で売ろう!ということで作られた時間限定の弁当屋である。雨の日なんかでも、車で乗り付けて、窓を開けて「あれください」って言われたら「はい!」と運転席まで届けてくれる、乗ったまま買えるうれしい弁当屋だ。販売員のおにいさんは、元気イッパイに「お弁当いかがですか〜」と声を張り上げ黄色の「お弁当」ののぼりを振り続けている。車や人が近づくと全速力で駈けつけてお迎えする。雨の日は、黄色の傘がひときわ目立つ。どんな天気の日も、車に“乗ったまま”でお弁当が手に入るのがありがたい。

今月のイチ押しは、さらに美味しくなった『塩引鮭弁当』500円。

なんと“おむすび”に、ひと手間加えたら、アラ!びっくり(!?)。おいしさの秘密は秘伝のタレ!一度、ご賞味あれ。

TEL:0820-52-4042
営業時間:11時〜売り切れるまで 毎週月・火・木・金・土営業。水・日・祝は定休
田布施町大字下田布施682-8(西京銀行隣)
乗ったまま弁当・お弁当メニューのお知らせ!(QR)


 田布施のお土産があったらいいなぁ…なければ作ろう!と社長が思い立ったやの里本舗のお菓子たち。一番人気の【穂の風 栗まん】は刻んだ栗が入った上品な甘さの白あん。「僕は、1日で一箱食べます(9個入)」この栗まんは男性のファンも多い。続いて【あびるもなか】と【岸さんと佐藤さん】の最中の兄弟が仲間に加わった。きいろいあひるをモチーフにさわやかなゆずあんの入った、【あびるもなか】。「最中は皮がおいしくないとねぇ」とこだわりの方にも、「香ばしくて、美味しい!毎日食べてもあきないわ」と好評の【岸さんと佐藤さん】。贈る方への笑顔を浮かべて選べるのがうれしいね。

 お土産はもちろん、仏事、慶事にもぜひご用命ください。

やの里本舗 話題になるお土産

◎穂の風栗まん
9個入 1000円(税込)

◎贈答用栗まん
10個入 1200円(税込)

◎あびるもなか
8個入1250円(税込)

◎おらが最中岸さんと佐藤さん
10個入1500円(税込)

村の売店 弥寄館とEWO内やろん、やの里本舗でお買い求めいただけます。※やの里と書いて、『やのくに本舗』です。TEL:0820-22-0034(FAX同じ)
柳井市中央2丁目3-6(柳井駅正面の通り沿い)
お電話お待ちしています。


 「弥寄館に最初にあった商品ってどんなものですか?」と当時のスタッフに尋ねてみた。「最初といえば…肉まんかしらね」あれから10年経った弥寄館。現在では全国から集まってきた珍しい商品たちが、所狭しと並んでいる。(まるでおもちゃ箱をひっくり返したようなお店)1つ1つの商品は、全国を講演でまわる社長のアンテナにヒットしたモノばかり。田布施の人や弥寄館に集う人に、食べて欲しいな、使って欲しいなと思って探し出会った『おもいを出会わせる商品』。『人と人とのモノを介しての出会いの場所』が弥寄館と社長は言う。全国の選りすぐりの一品や、これはありがたい、気が利いているねと思う商品に出会えるデパートの様にも思える。さあ、今日はどれにしようかな…。

村の売店 弥寄館

TEL:0820-52-0846(親には子には弥寄館)
営業時間:10時〜18時
木曜定休(前もってわがまま言っていただければ開けます)
田布施町大字上田布施1209番地

・コアップガラナ
 今、弥寄館の一番の新入生はコアップガラナの新バージョン『コアップガラナ ゼロ』(カロリー0です!)と、『オホーツク流氷ガラナ』(オホーツク海の塩が入っています)です。
 北海道からようこそ!クリオネくんのイラストもかわいいよ!
どれも500ml
150円(税込)

コアップガラナ ゼロ

オホーツク流氷ガラナ

・あんまりだー
 こちらは弥寄館の重鎮ともいえる、香川県の特産物の爐砲鵑砲・いりこ・みそ瓩蓮△瓦呂鵑砲里辰韻襪伐診佞任眇べれちゃう絶品!!地元のあばあちゃんも、「これさえあれば何にもいらん!」と大絶賛!!
680円(税込)

あんまりだー

・微炭酸 百年梅酒
 梅酒のコンテストで日本一になった『百年梅酒』(720ml、税込1700円)の発泡酒バージョンが出ました。梅・ブランデー・蜂蜜のバランスが絶妙。梅の季節。きれいな梅の花を愛でながらク〜ッと1本どうぞ!!
250ml
210円(税込)

微炭酸 百年梅酒



 岩盤浴ヨレムは、店内はどこも清潔。いつ来ても変わらない心地よさがある。開店当初から、掃除・消毒・洗濯…細かい注意を払い、徹底して行なっている。お客様に、安心しておくつろぎいただけるように、清潔に関しては決して手を抜かない。いつでも変わらぬ心地よさがあることが、おもてなしの一つだと思っている。何年経っても、変わらずに清潔さを保つことができるのは、そこにものがあり、岩盤浴ヨレムを利用してくださるお客様のおかげです。おもいを込めて磨くと、それに答えるように、光輝いてくれる。スタッフはそんなことを思ってお客様をお迎えしている。開店当初と変わらぬ心地よさを体験しに、ヨレムにいこう!

岩盤浴 ヨレム いつでも変わらぬ心地よさ

TEL:0820-52-0730
営業時間:10時〜23時(最終受付21時20分)
スタッフ活力充電のため、木曜定休
※予約いただくと確実です。手ぶらでどうぞ。
田布施町大字波野336-20(田布施駅前旧商店街)


 ちょっとくたびれた中古住宅。お片づけ・リフォーム・お掃除をしたら、あら不思議!びっくりするくらい家が元気になるという。これ本当の話。レッシュのリフォーム・お掃除・お片づけは、一見全然違う業種のように見えるけど、フレッシュ「元の状態に戻す」ということをしている。人間が怪我をしたり、お腹が痛くなるように、家も同じような状態になってしまうのだ。だって、家だって生きている。毎日私たちを支えてくれた床には感謝して新しい床に張り替えてリフレッシュする。私たちの体をきれいにするお風呂もピッカピカに磨き上げる。そうしたら家も部屋も表情が変わり元気になる。住んでいる人も明るく元気になってくる。「ちょっと整理整頓して」「ちょっとここだけリフォームして」「ちょっとこの部屋だけ掃除して」どんなちょっとのご要望も承ります。レッシュは、家のお医者さんのよう。

RESSHレッシュ レッシュ!レッシュ!リフレッシュ!!

TEL:0820-52-5002
RESSH統括本部
営業時間:9時〜18時
田布施町大字麻郷奥265-1


 地球が有り続ける限り、不動産業は成立する。目の前に土地があるから。当たり前のことではあるけれど、土地をお金で換算していくと、成り立たなくなっていく。そもそも我が社長と目の前の土地をみて、この土地を造成すると、数十億のお金が動くという会話をしたことがない。とスタッフは言う。不動産の土地は、遺すのではなく、与えていくもの。次の活躍の時までに仕舞っていくもの。そんな考えで、土地をみている社長は、その時その土地がもっとも生きる姿を提案する。戦後の日本を大きく発展させた団塊世代の人たち。この世代がいなくなると、全く意識の違う世代にバトンタッチされ、また新たに土地を活用していく。だから今は、その世代に向けて、土地をどんどん仕舞っていくのだ。と社長は続ける。

 この「うれしい新聞」発行元の生き方提案会社、(株)人生経営は、「宇宙気学」を提唱している。宇宙感覚の生き方提案である。これからの不動産への考え方も地球人として生きる我々にその作法を教えてくれている。空き地になっている土地と話をするとどんな活かされ方をしたいか教えてくれる。土地は活かされたがっている。人が住んでこそ活かされる。

株式会社 ピアレックス 地球上に生きる心得

TEL:0820-52-5113
営業時間:9時〜18時
年中無休
田布施町大字下田布施985-7


 「おいしいうどんを食べさせてあげたい」うどんが好きな社長のたったひとつのおもいからこの大好き昭和亭は始まった。頑張って生きてきた人たちみんなが、笑って生きていけるように、大好き昭和亭のおいしいうどんで、幸せになりますようにと。この季節にうれしい『やのくにあんかけうどん』730円(税込)が、堂々新発売。料亭のような贅沢な大きめの色とりどりの鮮やかな野菜たちがたっぷり。身体の中から元気に!と温かさが逃げないあんかけなのだ。1日10食限定!お客様にとってのもっともっと「大好きな昭和亭」であり続けたいとスタッフは熱く語る。

大好き 昭和亭

大好き 昭和亭 やのくにあんかけうどん

TEL:0820-53-4400
営業時間
11時〜14時
17時〜20時
水曜定休
田布施町大字下田布施682-8(西京銀行隣)


 よわもんのうらめし屋は、おいしい弁当やオードブルを季節やシーンに合わせて注文できる。そのおいしさをみなさんにお届けしたい!と【お届けぐるぐ号】は、今日もぐるぐる走り回る。日本のハレの日、お正月には爐正月オードブル瓩食卓に華を添え、「おいしかったです。あれで1万円はお得!煮物が特によかった。手間ひまかけて作ってくれているってわかりましたよ!」と、嬉しいご感想もいただいた。「お宅のおいしいって聞いたから」と、初めてご注文のお客様もじわじわと増え、また、ご紹介くださる(ありがとうございます!)。おいしい連鎖反応がぐるぐるっと回るよう。今日もあなたの街にぐるぐ号はお届けします!見かけたら手を振ってね!

仕出し よわもんの うらめし屋

TEL:0820-52-4042
営業時間:8時〜18時(田布施町・平生町一部・柳井市一部・光市一部お弁当お届けします。配達ルートによってはお届け出来ない場合もございます。ご了承ください)
いつでも対応します。
田布施町大字下田布施504-1


 ここ田布施からオリジナル曲を発信したい!そこで「風の吹く丘」は考える。毎月1日に定期ライブを行なっているが、そのほかにも自由に出演して、気楽に聴きに来れる定期ライブを開催したい。出演者が少なければ、いくらでも歌っていい、そんな開放的なライブ。耳なじみになるまで何度でも歌うんだ。「おっ、あの曲いいね」という声が聞こえてきたら形にしていこう。コツコツ「うた」を作り続けている方、渾身の1曲を残しておきたいよね(なになに?CDで残していけるってこと!!)。

 「風の吹く丘」はライブだけじゃなく、練習利用にも最適。ひとり800円の入場料で時間が空いていればいくらでも使えるんだ(それは、うれしい)。

たったひとりの練習利用でもOK。わかりやすいね、このシステム。見学も大歓迎!お待ちしてます。

ライブハウス 風の吹く丘

TEL:0820-51-3005
営業時間:毎週木・金・土・日・祝の18時〜21時
入場料800円
田布施町大字下田布施2159-1ほひほ1F


 全国の愛用者の皆様の台所で存在感をアピールしている浄水器「のあな」。そののあなの水で一日の生活が始まる。朝起きがけの一杯のお水、食卓のお料理、歯磨き、お掃除、玄関の打ち水、お花の水やりやお茶の時間、寝がけの一杯のお水まで、お水がなくてはならない私たちの暮らし。健康の源はからだにおいしいお水である。「溢れる命の尽きない源」という意味で社長が命名した「のあな」は、全国に美味しさとともにたくさんのしあわせをお届けしている。また、お風呂もトイレも家中のどこの蛇口をひねってものあなの水がたっぷり使える「業務用のあな」 税込71万4000円は、毎日大安心の快適な生活が楽しめる。飲食店、美容院などのお店をしている方におすすめ!浄水器「のあな」税込20万7900円。

浄水器のあな

業務用のあな

TEL:0820-53-2100
営業時間:10時〜18時 水曜定休
田布施町大字下田布施682-8(西京銀行隣)


 3月4日、日曜に開催される、第1回PomPaテニス「山口県大会」(シングルス)。エントリー募集中!試合はトーナメント制で行われ、老若男女問わず楽しめる田布施発祥のニュースポーツ【PomPaテニス】は、ここ田布施にしかないPomPaテニス公式コートで行われる。ポーン、パーンとボールを打つ音はかわいらしいが、腕を磨けば磨くほど奥が深い。

PomPaテニス

 PomPaテニスエースをねらってみませんか。それこそ、光市のTさんは、日夜特訓中。(ひそかに狙っているのかも)一日500円で練習利用もできる。ラケットは無料レンタルOK!ひとりで行ってもOK!スタッフが手取り足取りコーチしてくれる。ここでしか買えない楽しみもある。新商品【ストライクサンド】(税込450円)、【PomPaバーガー】(税込400円)、【魅惑のMiwakuruサンド】(税込450円)、【炭酸飲料コアップガラナ】(税込150円)、【温かいポタージュスープ】(税込120円)

お問い合わせ、大会出場のお申し込みをお待ちしております!

お申込みは英国大志館
TEL:0820-51-3541
営業時間:11時〜18時 月曜定休(月曜が祝日の場合は火曜日)田布施町麻郷1737-4

英国大志館


 ちょっと一息。一杯200円の豆挽きコーヒーを飲みながら、ゆっくりした時間を過ごしたい。そんな時におすすめの本がある。宇宙の成り立ち、悲しみの解消、気高き商人、「本気の親切」のあり方を説く社長の生き方提案の原点がぎっしり詰まった著書『自分という商品の磨き方、売り込み方』(税込1575円)待ち焦がれて19年半ぶりに復活再版した。ぜひご一読を。

※栗まんなどの箱入りお菓子、やのくにとうふなど、やのくに自慢の土産物がここでも購入できる。目印は、EWOの前に立つカラフルな看板です。

新茶房 やろん


 「田舎のお年寄りにおいしいものを食べさせてあげたいんです」と言うシェフと社長の出会いから始まったフランス食堂は、今年で6年目を迎える。お食事をされたお客様が笑顔で帰られるのを見る度に、「何だかうれしくなるんだよな〜。笑顔で帰ってくださるとね」とシェフ。フランス食堂は、日常(ケの日)を過ごした人が【ハレの日】に利用し、笑顔になっていただくところ。人気のバースデーコースでハレの日を設定できる。お誕生日に限らず、お祝い事、いろいろな記念日などなど。気軽に楽しめるお料理だけど、しっかり手間隙かけて作っているのが感じられてつい、笑顔がこぼれる。コースなのに税込2000円とお財布にもうれしい。今度は、どんな記念日を作って行こうかな?今度はどんな料理かな?たのしみ!!

フランス食堂

TEL:0820-52-4042
営業時間
10時30分〜14時/ランチタイム(スペシャルランチは11時〜14時限定)
14時〜17時/貸し切りタイム
17時〜/ディナータイム(ご予約承ります)
20時30分/オーダーストップ
21時/閉店 
田布施町大字下田布施504-1

フランス食堂



★クイズ1
ネティエノの主力商品の「浄水器のあな」、社長はどんな
意味で命名したでしょうか。
〆々と湧き出る泉 ¬梢緲き出る源 0遒譴詭燭凌圓ない源

★クイズ2
3月4日に初の山口県大会が開催される、田布施発祥の
スポーツをなんと呼びますか。
PinPonテニス DonPaテニス PomPaテニス

★クイズ3
「いっちょん売れんやのくにとうふ」のいっちょん売れんは
どこの方言、何弁でしょう.
々島弁 博多弁 山口弁

★全問正解された方の中から抽選で3名様に、何と!フランス食堂スペシャルランチご招待、大好き昭和亭うどんペアご招待、Cafeのもおすすめランチご招待の中からご希望の「ご招待券」をお送りいたします。

★解答は、メール本文に、.イズの答え(3桁の数字)△幹望のご招待券 氏名 で齢 ヅ渡暖峭罩Δ棺蚕蠅鮟颪い董

tabuse8@gmail.comへ送信ください。
※官製ハガキでの応募もできます。
〒742-1511 熊毛郡田布施町大字下田布施682-8
   (株)ネティエノ 宝島田布施うれしいクイズ係

締め切りは、3月12日(月)18時着です。
QRコードからもメール可能です。カメラ付き携帯電話で読み取ってください。

宝島田布施うれしいクイズ係QR
やのくにマップ
Total921193 Week5942 Yesterday1022 Today577 IP check in 30 min Since 2010-12-12