良い言葉を発するとよいことが起こり、不吉な言葉を発すると凶事が起こる。


 むかし、むかしでもない、5年前のちょっと昔、田布施にフランス食堂という名の洋食屋ができました。「田舎のお年寄りに自慢の洋食を食べてもらいたい」というシェフと、「田んぼのあぜ道に座り込んで話をするところを、ちょっとコーヒーでも飲みながら話でもしてほしいよね」と思っていた社長との出会いが始まりだとさ。「日本以外では、洋食を食べるところは、私にとっては全部フランスでいいんだよ」と、答えたという、うちの社長の大雑把さ?に「え?フランス料理?」という緊張もほぐれる。それでは、と、シェフ自慢のオムライスを看板メニューに。始まりは、田舎の社交場みたいな感じ。今では、都会に行った人たちが帰ってきたときや、よそから来た人たちが尋ねてきて、ご飯食べに行こうかとフランス食堂に足を運んでくださる。シェフも気張って、記念の「コース料理」をどんどん登場させている。(だんだんフランスに近づいています、社長!)
 「フランス食堂に来たら、まずオムライスを注文しなきゃ!」という、開店以来のオムライスファンの方に感謝をこめて、3月〜10月の期間、6の付く日限定で、『オムライスの日』を実施中!月に3回だけの特別オムライスメニューを2種類ご用意している。見た目も鮮やか、意外なコラボ?あり、スープ、サラダ、ドリンク、デザートまで付いて1200円。毎月一度メニューが変わるので月に一度はチェックしてみてください!フランス食堂のブログでもご紹介している。こちらも要チェック。フランス食堂は、田布施にあるからいいんだよねぇ。
TEL:0820-52-4042
営業時間
10時30分〜14時/ランチタイム(スペシャルランチは11時〜14時限定)
14時〜17時/貸し切りタイム
17時〜/ディナータイム(ご予約承ります)
20時30分/オーダーストップ
21時/閉店 
水曜定休 田布施町大字下田布施504-1
フランス食堂 9月のメニュー:秋鮭のクリームオムライス


 田布施発祥の足芯術。「ほれ、足で踏むやつ」「えーっ、足で?」と、(特に長州男子には)衝撃的な施術法だが、足で揉み解すには、ちゃーんと意味がある。そもそも足というのは、木に例えると根っこの部分。足の裏からその人の持っている悪い部分をこっちに引き取って、コリのもとを吸い取ってあげる。だから足でないといけないのだそう。背骨は人間の気の集まるところで、そこを足の裏でなでるように、癒していく、というのが「足芯術」のスタイルだったけれど、それでは、ちょっと物足りないだろうと、深いところのこりや疲れまで届くよう強い刺激で筋肉を押しのばす、「超足芯術」へと施術は進化した。流れが滞っているところはとにかく超〜痛い。そう、名古屋と言えば、味噌煮込みうどん。田布施と言えば超足芯術。言いたいことは、3日たったらまた試してみたくなるってこと!うなずける?
 【超足芯術】は全国に向けて展開中。東京に【超足芯術】が登場する日も近いそう。
※【超足芯術】のベースになった【足芯術】は、毎週水曜日Cafe のも横の「ゆるゆる話」で体験できる。

★EWOのおススメコース

◎超足芯術
セミロングコース
60分5500円(税込)
◎頭皮揉術健康法
(頭皮マッサージ)
30分3000円(税込)
◎足裏健康法
KUQ(足ツボ)
35分3500円(税込)
TEL:0820-51-2628(予約優先) 
営業時間:10時〜18時 木曜定休
田布施町大字下田布施683-1(西京銀行隣)
技倆総合学院EWO

 今年の夏は暑かった。ずっと暑かった。「今日も暑いですねぇ」のあいさつ文句は、決して社交辞令ではなかったはず。そんな暑さでよく耳にしたのが「熱中症」。昔はなかったですよね。汗をかかなくなって汗腺の機能調整ができなくなった現代病だと、私は解釈している。ほらほら、だから夏こそ汗かいて、汗腺の働きを正常にしなきゃ。岩盤浴というのは自分の出た汗で入浴する方法だから、労働の汗と違う。(ここが大事!)ヨレムは、飲み水から、浴びる水、ミストに至るまで、全館元気になる気にさせる、あの、のあな水。
 もともと、ここ岩盤浴ヨレムは、やのくにを訪れる方々に疲れを癒す銭湯のように利用してほしいと用意した。お香のかおり、音楽、庭の緑、清潔に保たれた館内、と、おもてなしの心意気は超一流。日常とはちがう時間の流れにゆるゆると身を任せ汗をたっぷりかきながらすべてから開放されたような恍惚とした気持ちよさに包み込まれる。ふらりと立ち寄ってほしい。

◎岩盤浴
100分
税込1500円

◎お顔のエステマッサージ20分
税込2000円
※オプションあり

◎超足芯術 ヨレム限定10分 税込1200円(岩盤浴とセットで10分税込1000円)

TEL:0820-52-0730
営業時間:10時〜23時(最終受付21時20分)
スタッフ活力充電のため、木曜定休

※予約いただくと確実です。手ぶらでどうぞ。
田布施町大字波野336-20(田布施駅前旧商店街)
岩盤浴 ヨレム

風間旅人随想
 もう二十年くらい前になるだろうか、二つの異業種交流会を主宰していた頃、会う人会う人に言われたことがある。「どうしてそんなにいつもうれしそうに笑っているの?何がそんなにうれしいの?」と。当時4000名超の人脈リストがあった。
 自分でも気がつかなかったが、人と人を出会わせるのがうれしくて、いつもニコニコ笑顔だったのだと思う。確かに気分はいつもハッピーだった。毎朝目が覚めるのが待ち遠しかった。こころはいつもスカッと快晴だった。
 最近ふと、幸せそうに顔が晴れている人と、不幸せそうに顔が曇っている人がいるのはどうしてだろうと思った。
 幸せそうに顔が晴れている人は、まわりの人たちの良いところを見つけようとしている人、不幸せそうに顔が曇っている人は、まわりの人たちの良くないところを見つけては批判する気持ちを持っている人、だと思う。相手の幸せを見つけようとする人は、自分が幸せになるということであり、相手の不幸せを見つけようとする人は、自分が不幸せになるということのようだ。他人を批判する人は自分が幸せになれない、自分のこころが晴れない、ということなのだ。相手を幸せにしなくても、相手の中に幸せを見つけることができれば、自分が幸せになれるということだ。
 そんな基準でまわりを見回してみると、ほら!的中しているでしょう?これは人間関係の法則だ。「どうしてそんなにいつもうれしそうに笑っているの?何がそんなにうれしいの?」とお互いに言い合える人間関係がいいに決まっている。だから私はいつも幸せだ。
 だって、うちのスタッフたちは、私が「たった一つ」を見つけて買って、それだけで遠くからやってきたんだもの。その人の「10のうちのたった1つ」を私は好きになった。あとの9つを私は知らない。知らなくていい。たった一つだけで仕事はできる。(西)
風間旅人随想

 まるでおもちゃ箱をひっくり返したかのように、全国からうまいものが集まる村の売店。そもそも、『みんなみんな寄っといで館』という意味の弥寄館(やよろかん)。出会えるのは、「おもいを出会わせる商品」。社長曰く、「モノの向こう側には作った人がいるからね、結局は、人と人とのモノを介しての出会いの場所だね」と、全国各地を講演でまわったときに、ふと出会った商品を弥寄館に集めている。私も今年の夏、そんなおもいと、モノに出会いました。熊本植木産のすいか。九州出身のわたしには、懐かしくも、思い出深い土地。でも一人暮らしの身には、一玉の丸ごとスイカは、もてあます。ところが、食べたくても買えない悲しみも見事に解消してくれた。一口大に切ってパック詰めしたすいかが冷蔵庫に並んでるではないか!
 みんな寄っといで!といっても、場所は看板もなくわかりにくいので、「うれしい新聞」を頼りに、遠くから足を運んでいただいている。2度、3度と来てくださる。ほんとにありがとうございます!
 2度、3度と尋ねてきてくださる方におすすめしたい商品はこちら。

1.百年梅酒(茨城県)
 梅酒コンテストでエントリー124銘柄から日本一に選ばれた茨城県水戸市の梅酒。水戸偕楽園の樹齢百年以上の青梅だけを使って仕込まれた。ブランデー、蜂蜜を使用し、長期熟成(5年間以上)させてある。梅酒らしいバランスの良さが評価された。
720ml 1700円(税込)

※その百年梅酒に微炭酸の発泡酒がこの夏、新登場!!冷た〜く冷やして、シュワ〜ッとどうぞ!!
250ml 210円(税込)
百年梅酒(茨城県)

2.あんまりだー(香川県)
 そもそも、あんまりおいしいので「あんまりだー」と名付けられたという。地域おこしに取り組んでいる香川県観音寺市の市町合併をきっかけに、市町の垣根を越え、それぞれの特産品である、いりこ、にんにく、みそを組み合わせてできたというわけ。ネーミングの奇抜さにびっくりだが、三食材の意外な組み合わせにもまたびっくり。200g
680円(税込)
あんまりだー(香川県)

3.ブルーベリービネガー(大分県)
 ひらたく言うと、ブルーベリーの酢。ところが…ただのブルーベリーの酢ではない!なんとスッポンエキスが入っている。“のあな”の水で割ったら、もう最高!
720ml 2625円(税込)
ブルーベリービネガー(大分県)

4.日向夏焼き肉のたれ(宮崎県)
 南国宮崎の太陽を浴びて、ビタミンCを含んだ日向夏とバナナ、にんにく、ごまを使った焼き肉のたれ。日向夏が、後からフワッと広がる、さっぱり爽やかな味。
240g
367円(税込)
日向夏焼き肉のたれ(宮崎県)

TEL:0820-52-0846(親には子には弥寄館)
営業時間:10時〜18時
木曜定休(前もってわがまま言っていただければ開けます)
田布施町大字上田布施1209番地

 家族や仲間が集まるハレの日に、とご注文いただくオードブル。そもそも、うらめし屋のオードブルは、お正月に故郷に帰省した家族をもてなしたいという声から“お正月オードブル”ができたのが始まり。今では、誕生会や、打ち上げ、ご法要など幅広い場所でご利用いただいている。
 毎年、好評の運動会用の“大はしゃぎはりきってオードブル”(5000円税込)は、がんばる子供たちの食事の応援団!そして、ご家族みなさんに喜んでいただける内容を、毎年スタッフみんなで考えて、それこそ、弱もんの裏めしメニューを結集させる。
 そして今年は、お正月に特別な爐せち瓩鬚翰儖佞垢觧になりました!お正月というニッポンの爛魯譴瞭”にうらめし屋の高級おせちで幕を開けてほしい! もちろんOTODOKEぐるぐ号でお届けを。買っていただくのはお弁当、配達することはサービス(奉仕)ですから、配達料は無料!です。

TEL:0820-52-4042
営業時間:8時〜18時(田布施町・平生町一部・柳井市一部・光市一部お弁当お届けします。配達ルートによってはお届け出来ない場合もございま
す。ご了承ください)
水曜定休
田布施町大字下田布施504-1
仕出し よわもんの うらめし屋 オードブル

吉田拓郎の歌、「喫茶店に彼女と二人で入ってコーヒーを注文すること、あーそれが青春♪」に胸がキュンとなる、大人たちの、過ぎてしまった昔を思い起こすとき、「喫茶店」は大事なキーワード。そんなに?大人でない私も「喫茶店」の言葉にトキメク…。ここCafeのもは、懐かしさと新しさが同居した田園の喫茶店。過去の思い出が復活するというより、失くしてしまってあきらめていたものがふっと湧いてきた感じ。だから、でしょう。ここに集まるお年寄り、(失礼)大人たちは、無性にキラキラ輝いてみえる。「岸田の奥に喫茶店ができたってね!」と身を乗り出して尋ねて来られるのも、団塊世代とその少し上の大人たち。そして、悲しくもうれしいことに、水事情で悲しいおもいをしているこの地域のなかでも、ここCafeのもでは、おいしい地下水が湧き出ている。だからこそ、おいしいお水で入れた最高のコーヒーを楽しんでいただきたい。トキメク大人たちに満足いただけるメニューも、もりだくさん。ぜひ、お立ち寄りください。

★りんごカレーセット:定番のカレーに、新しいカレーが仲間入り!その名も『りんごカレーセット』!山口県(徳佐)の産地直送の大きなりんごがゴロンゴロンと入って、とってもフルーティ。あのサクサクアップルパイと一緒にどうぞ!
1400円(税込)アップルパイ・ドリンク付き(コーヒー・紅茶・みかんジュースから選べます)
◎単品のりんごカレーもあります。800円(税込)
Cafeのも りんごカレーセット

★のもランチ:平日限定5食。ジューシーなハンバーグに一口サイズの温野菜、サラダにお刺身!そしてキッシュと あの、やのくにとうふもかわいらしく並んでます。デザートにはフワッフワの八雲米のシフォンケーキ。彼、彼女とご一緒にどうぞ!
1050円(税込)ドリンク付き(コーヒー・紅茶・みかんジュースから選べます)
Cafeのも のもランチ

TEL:0820-53-8686
営業時間 9時〜17時(モーニングタイム:9時〜11時)
木曜定休 田布施町大字上田布施1123-1

 土地は神様のものだと思っている。だから、人間が、この世で生活するために、一時的に所有することが許されるのが不動産だと思う。不動産業に30年携わっている社長の言葉だ。私もそう思う。そう思えば、権利を主張することも、境界でもめることもないのに、と。土地の仲介者として、立ち会うとき、必ず「権利」という壁にぶちあたる。権利は、与えられているけれど、主張するものではない、と思わずにはいられない。不動産の売買に立ち会う時、人としての生き様が見えてくる。不動産業を営みながらも、生き方を提案していく会社を起こした社長の気持ちはこのあたりからではないかと思うのだ。

TEL:0820-52-5113
営業時間:9時〜18時
年中無休
田布施町大字下田布施985-7
株式会社 ピアレックス

 おいしい豆挽きコーヒーが味わえる狄恵稻爾笋蹐鶚瓠ここって喫茶店?癒しの場のEWO内にこぢんまりとある不思議な空間。ちょっと時間調整、少し深呼吸、と、自分を整えるのに利用するのがちょうどいい感じ。ふっと自分が甦ってくる。こんな感じを体験できる本がある。オススメの一冊は、 『喜んで生きる実践学』1365円(税込)。自分自身が愛おしく思えてくる。
新茶房 やろん 『喜んで生きる実践学』1365円(税込)

TEL:0820-51-2628
営業時間:10時〜18時 木曜定休 田布施町大字下田布施683-1(西京銀行隣) EWO内

 そもそも、ここ乗ったまま弁当販売所は、うらめし屋のお弁当を買いにきてくださる方が増えてきて、うらめし屋の場所がわかりにくい、シャンゼリゼ通りのそのまた裏にあるものだから(もっとわかりにくい…)、通りに面したところで、弁当を売ろう!が始まりなんだ。通りに面しているから、車に乗ったそのまんま、窓をスーッと開けて、「あれください」って言われたら、「はい!」と運転席まで届けるんだ。乗ったままなんだ。けれど、田布施のかたは、わざわざ車を停めて出てきてくださる。これじゃ、申し訳ない、使命が果たせない、と僕は、車が入ってきたら、全速力で、駆けつける…お客様が車から降りるその前に。だって、乗ったまま届けたい弁当なんだから。というスタッフの心の中の葛藤があって(と、わたしは思う)いつも、大きなかけ声で、全速力で、駆け寄ってくるのです。お弁当を車で買いに来られる皆さま、どうぞ、遠慮なく、乗ったまんまでお待ちください!
 今月のイチ押しは、塩引鮭弁当(500円)…米がうまい!自家製“八雲米”のおむすび弁当。鮭と卵焼きの黄金コンビ。美味しいものを、もっと手軽に、スピーディに!が今月のテーマ。いつもの日替り弁当もいいけれど、ササッと食べることができる手軽さはうれしい。お忙しい地元のタクシー運転手さんにも大好評!

TEL:0820-52-4042
営業時間:11時〜売り切れるまで/夕食ランチ?は17時〜売り切れるまで 毎週月・火・木・金・土営業 水・日・祝は定休
田布施町大字下田布施682-8(西京銀行隣)
乗ったまま弁当

乗ったまま弁当・日替り弁当メニューをお知らせ!
乗ったまま弁当QR

 今宵はみんなで楽しくどんじゃらほい。団塊世代の人達が、会社を辞め、年金暮らしに切り替わった。そんな人達が集まってフォークソングを聞き、過去を振り返りながら、お酒を飲んで楽しんでもらったらいいなぁと、はじまったどんじゃらほいも、もっと若い世代、バレーの同好会の打上げや、もっと上の世代、「シルバー不良グループ」と称する女性の夜遊びの場として、世代を越えて盛り上がっている。フォークは、団塊の世代のキーワードかと思いきや、若者から年配のかたまでストライクゾーンが広いんだな。みんなで歌って楽しめる。定休日にどんじゃらほいの灯りが消えていると、「田布施の町が暗くなる」という声もいただいた。今宵のどんじゃらほいおすすめ料理は、今話題の塩糀(しおこうじ)を使った、鶏ももやわらか炭火焼き。今夜もどんじゃらほいしに来てね。

TEL:0820-52-8098
営業時間
11時〜17時
18時〜22時くらい
水曜定休
毎週火曜日・日曜日は禁煙になります。他の曜日は店内喫煙可です。
田布施町大字下田布施710-3 1F(ピクロスそば)
フォーク酒場どんじゃらほい

 不動産業に長年携わってきた我が社長が、生き方を提案し、健康を提案する会社をつくったのは、私が実際に不動産業に携わってみてよくうなずける。
 建物は、元気な人が住むと生き生きしてくれる。生き生きした家に住む人は元気だし、心も明るい。だから視点がココロのほうに向かう。明るく生きていきましょう、うれしい気持ちで生きていきましょう、とね。ネティエノという会社は、ココロを元気にするために、体の方から健康づくりをしていきましょう、という会社だ。体にとって「たったひとつ」を考えると、人間の体の70%を占める「水」だと思う。良い水で構成される体は健康なはず。良い水を取り込めば、それからもっと健康を大切にしようという気になる。そんな役割を持った水、ネティエノオリジナルLF浄水器のあなは、「あふれる命の尽きない源」という意味で社長が名付けた。健康の基本は水!全国に1万5千台、「のあな」は各地でがんばっている。のあなを使った商品に「東輿倭」という酵素に「西風鳳」というフコイダン飲料がある。スキンケア商品もそう。「のあな」は、そのモノの本来の良さを引き立たせてくれた。「のあな」って良いなあと思う。あっ、良いと思うから、生き生きと伝わっていくのですね。
ごくごく飲もう! LF浄水器のあな 20万7900円(税込)
株式会社 ネティエノ LF浄水器のあな
株式会社 ネティエノ

TEL:0820-53-2100
営業時間:10時〜18時 水曜定休
田布施町大字下田布施682-8(西京銀行隣)

 この夏、汗だくで練習に励んだ高校生バンド。ハレの文化祭を終えて燃え尽きた?いやいや、せっかく「風の吹く丘」でがんばったんだから今度はぜひオリジナルを作って聴かせて欲しい。この世に1曲しかない自分だけの歌をここで表現して欲しいな。歌でその時その時のおもいを一枚の写真のように記憶にとどめてみよう。発表の場はもちろん「風の吹く丘」。おもいは変わらない「風の吹く丘」だけど中身は少しずつ変わってる。ちょっとおもしろい「仕掛け」ができた。ステージの様子がモニターテレビで見れるんだ。かっこつけてみたくなるぞ、きっと。「田布施の歌」の歌詞も引き続き募集中。前回採用された3曲はあの「田布施駅から」の歌手があちこちで歌っている。おー、伝わる、伝わるという感じで、とてもよかった。
 どんどん作ろう田布施の歌!応募要項は以下のとおりです。
ライブハウス風の吹く丘 高校生バンド

【宛先】
〒742-1515
熊毛郡田布施町大字上田布施1209番地
やのくに研修所 「風の吹く丘歌詞募集係」

*テーマ、スタイルに規定はありませんが、歌詞の中に「田布施」という文字をいれてください。対象は未発表の(管理されていない)歌詞です。住所、氏名、年齢、電話番号を添えてください。10月19日(水)必着。発表は「うれしい新聞」紙上でいたします。たくさんのご応募お待ちしてます!
 「ライブハウス風の吹く丘」は練習からライブまでOKです。一度使ってみてください!
ライブハウス風の吹く丘 高校生バンド

TEL:0820-51-3005
営業時間:毎週木・金・土・日・祝の18時〜21時
入場料800円
田布施町大字下田布施2159-1 ほひほ1F

YouTubeにて『風の吹く丘ライブ』配信中。風の吹く丘ライブQR

 2009年2月19日にデビューした「ジャポネカレーうどん」(税込680円)はおかげさまで2歳と7か月となります。ありがとうございます!これぞ日本一のカレーうどんだ!と気合いを入れて、つけて頂いた「ジャポネカレーうどん」という名前に恥じぬように着々と(?)その道を歩んでおります。1歳とちょっと経った頃には、テレビ取材のチャンスを頂きました。その後も、うどんの後には、ごはんを入れてカレーライスも楽しめる本格派のカレーうどんということでたくさんのお客様にご来店頂いております。「ジャポネカレーうどん」をいつも目指してご来店されるカレー大好きのSさん。いつも一緒にかき揚げをトッピングでご注文され、「やっぱこれよね〜」とカレーの上にかき揚げをのせて召し上がるKさん。「なんかカレーうどんは食べたことないんよね〜」とおっしゃり、食べず嫌いが、虜になっちゃったEさん。数々のプチ伝説を作ってきた「ジャポネカレーうどん」これからも乞うご期待!
大好き 昭和亭

TEL:0820-53-4400
営業時間
11時〜14時
17時〜20時
水曜定休
田布施町大字下田布施682-8(西京銀行隣)

やの里本舗 お土産はお心遣い
 ここ田布施・やのくにのお土産があったらいいな、から生まれた『穂の風栗まん』。もう、栗まんと言えば、やの里本舗だとおわかりいただけるようになったかな!?おいしいだけじゃない栗まんは、パッケージもとても素敵!赤い箱と緑の箱があって、 9個入の赤い箱には、ちょっとした秘密がある。箱を開けて、栗まんを1個手にとると箱の底には…。この先は見てのお楽しみ!贈答用の緑の箱は、仏事用にと、心憎いほどの気遣いが。更に、ちょっとした手土産に、またおやつにはおひとりさま2個入がピッタリ。贈っても、もらってもうれしい、やの里本舗のお菓子にもう目が離せない!そして、お待たせしました、待ちました! 今月19日から、「あびるもなか」(あひるの形をした最中なんですって。)も仲間入り。どこで買えるの?いつ買えるの?ハイ、弥寄館・やろん・Cafeのもで販売しています。工場は柳井にあるけど、田布施で販売しています。
やの里本舗

◆2個入
250円(税込)

◆9個入
1000円(税込)

◆10個入
1200円(税込)
あびるもなかは、1個140円(税込)。

◆販売店
◎村の売店弥寄館
◎EWO内やろん(西京銀行隣)
◎Cafeのも(おひとりさま2個入り税込250円のみ)
◆地方発送
  やの里本舗
TEL:0820-22-0034(FAX同じ)

 とうふづくりは、女性がいい。子供を育て上げた女性ならなおのこと。とうふづくりは、子育てと同じだから。とうふは、赤ちゃんのように、とっても正直で繊細。水とにがりの相性、にがりを打つ手の程よい加減、話しかけながら、うかがいながら、工程をすすめていく。そうしてできあがったとうふだから、口にするとやさしい、おいしい、安心感で満たされる。とうふがおいしいならば、豆乳もさぞうまかろうと、濃くて甘い豆乳に仕上げ、販売に至っている。これが大好評!健康づくりにダイエットにと、一人で何本も購入される。スタッフが語る、「おかげ様で、やっと安定したとうふと豆乳が出来るようになりました。是非、皆様にご賞味頂きたい品です。どうぞお手に取って見て下さい。きっと、懐かしいあの頃のとうふを、豆乳を思い出される方もおありかと存じます」 やのくにとうふづくりのきっかけとなった、社長の脳裏に焼き付いて離れない40数年前の、あの、プーハーと鳴らしながらリヤカー引いて「いっちょん売れん」と売り歩くおっちゃんの姿。再び、リベンジさせてあげたいと、もうすぐそのまんま田布施の町で見られる…かも?
いっちょん売れん やのくにとうふ

◆販売店
◎Cafeのも上の駐車場にある豆腐販売所
◎Cafeのも
◎EWO内やろん
◎村の売店弥寄館

 やのくに陶芸・和夢門には、隠れた人気、『にぎり素神(ニギリソシン)』を作る体験コースがある。簡単で、誰にでもできて、それでいて陶芸らしさのはいっているものは…と、当社の社長が考案し命名したもので、ねん土の塊をギュッと握って、顔を描いて作る人形だ。はじめの頃は、単純に、ねん土の塊をムンギュと握って、竹ヒゴなどで、目や口を描いたら完成だったのだが、だんだん、耳はお地蔵様のように大きくしたり、卒業証書のようなものを持たせたり、背中に羽をつけてみたり、猫や犬を連れさせたりと、どんどん、どんどん進化したものが作られている。本体のにぎり素神よりも、付属のものたちの方が手が込んでいたりして…興にのると、どんどんアイデアが湧いてきての結果のようだ。陶芸は自分の中のイメージ力を開花させていく。『にぎり素神』づくりから、陶芸を始めてみませんか。和夢門は、「かっこつけない」陶芸クラブ。ゆるゆると遊びながら、元気になっていくために、土をいじりに来て下さい。

にぎり素神 体験料 一体/2000円(税込)
TEL:0820-51-3005 
営業時間:10時〜18時 水曜定休 田布施町大字下田布施2159-1ほひほ1F
やのくに陶芸 和夢門

 「不動産」とは、どんどん次の人にわたしていくもの、あるいは、終わったらつぶしていく、仕舞ってしまうものならば、不動産という動かせない財産の息を永らえさせる、息を吹き返させる、そういうお手伝いをしようという部門が「RESSH」だ。掃除とか、リフォームとかお片づけの部分だ。リフォームして、フレッシュにする、元の状態に戻す、リフレッシュする。そういう意味で「レッシュ」という言葉を造って事業部として独立させた。ちょっと姿勢を低くして、しゃがむ姿勢で取り組む事業だが、たくさんの悲しみを拾い上げることができる。なんとかしたくてそのまま「なんとかします隊」も編成した。「心強い味方だね」と頼りにされるとうれしい。

TEL:0820-52-5002
RESSH統括本部
営業時間:9時〜18時
田布施町大字麻郷奥265-1

福岡県福岡市出身

 「田布施が、楽しくにぎやかになってきたよね」と声をかけられる。
さらに「社長さんのおもいがよく伝わってるよ」と言ってくださる。
田布施の町が、あこがれの土地としてみんなが移り住んでくるようになるといいなぁ。念いが重なり合うようなくにづくり、本気で思っている。

※このクイズは今回のうれしい新聞編集者(南里 美晴)が作成しました。

★クイズ1
やの里本舗の新商品のお菓子はなんでしょう?
,えるもなか △△咾襪發覆 わらうもなか

★クイズ2
新茶房やろん のオススメの本のタイトルは、何でしょう?
〔世襪生きる実践学 楽しく生きる実践学 4遒鵑農犬る実践学

★クイズ3
Cafeのも の新商品カレーに入っているフルーツはなんでしょう?
〇蓋・阿知須産のなし ∋蓋・徳佐産のりんご
山口・やのくに産のぶどう

★全問正解された方の中から抽選で3名様に、何と!フランス食堂スペシャルランチご招待、大好き昭和亭うどんペアご招待、Cafeのもおすすめランチご招待の中からご希望の「ご招待券」をお送りいたします。

★解答は、メール本文に、.イズの答え(3桁の数字)△幹望のご招待券 氏名 で齢 ヅ渡暖峭罩Δ棺蚕蠅鮟颪い董

tabuse8@gmail.comへ送信ください。

※官製ハガキでの応募もできます。
〒742-1511 熊毛郡田布施町大字下田布施682-8
   (株)ネティエノ 宝島田布施うれしいクイズ係
締め切りは、10月18日(火)18時着です。

QRコードからもメール可能です。カメラ付き
       携帯電話で読み取ってください。


宝島田布施うれしいクイズ係QR
やのくにマップ
当社社長がつれづれなるままに… 元気になれるひとり言。 提供:(株)人生経営
Total921206 Week5955 Yesterday1022 Today590 IP check in 30 min Since 2010-12-12