成功するまで懲りないことだ。
 ♪明日は晴れるか雨が降るか。そんなこと分からないけど、ぼくは雨の中、この雨の中、歩いて行くよ。冷たい雨だけど飛び込んでみたら、案外温かく感じるもんだよ。こんなこと知ってるの、世界中にきっとぼくだけ、きっとぼくだけ。

 明日雨が降ったらどうする?なんて考えずに、前の晩に、先に決めることだと思う。私ならそうする。

田布施発祥PomPaテニス公式コート間もなく完成

 田布施町麻郷県道沿いに、田布施発祥のPomPaテニス(ポンパテニス)の公式コートが間もなく完成する。田布施発祥と言い切る理由は、田布施出身の私が発案したからだ。ビーチテニスの「砂がなく地面コート」版だ。ビーチテニスもよく知らない人は、実際に見るしかない。実に面白いスポーツだ。田布施に人を集めるために2年前に始めた。PomPaテニスという名称も自作だ。ラケットで球を打つと「ポーン、パーン」と音がする。テニスか卓球の経験者ならすぐにゲームに参加できる。あなたもエントリーしませんか?9月に秋の大会。
PomPaテニス[ポンパテニス]

やのくに盆踊り

 やのくに盆踊りは地元に古く(たぶん平安時代?)から伝わる嵯峨音頭盆踊りを中心に全国の盆踊りが集まる(24踊り)。おいしいもの露店コンテスト(27店)も行なわれる。B1グランプリグルメ・やのくに版だ。
嵯峨音頭は、ばちを豪快にぶつけるように叩くやぐらの上の二つの大きな太鼓と、流れるように優雅に唄う音頭口説が特徴だ。このふたつの技は毎年地元の講師に直接身振り手振り、口伝えで教えてもらっている。もう10年もやっているから講師の先生はもう必要ないと思うところだが、毎年じかに教えてもらっている。じかに教えてもらうしか、伝統は成っていかないと考えるからだ。古い時代の料理を古い文献(レシピ)を頼りに再現しても納得いかないが、おばあちゃんがそのひいおばあちゃんに教えてもらったんだという料理を「ああこれが明治の味か」と納得する。伝統とは人から人への口伝えなのだと思う。
 今年のやのくに盆踊りは8月14日(日)に行なわれる。
やのくに盆踊り

光回線を早く引いてほしい(田布施からネット放送)

 面白そうなこと、楽しそうなこと、明るくて元気なことに人は集まる。行列をつくる。人は人に集まる。人は光に集まる。人はお祭りに集まる。私が、盆踊りを復活したのも、食を展開するのも、百均ボールでハンドベースボール大会を開催す
るのも、PomPa
テニス大会を開催するのも、狭い広場で大運動会をやるのも、あれこれ名物を作るのも、田布施に全国から人が集まってほしいからだ。私に会いに来てくれてもいい。私は夢を語れる。
 隣町には引かれているのに(ちょっと愚痴ってみる)、田布施にはNTT光回線が引かれていない。光回線を早く引いてほしい。そうすれば、ネット放送で全国へ「田布施においで」と呼びかけることができる。ネット講演も田布施から全国へ向けて発信できる。テレビ会議、テレビ人生相談もたやすくできるようになる。どなたにお願いすればよいのかな?私はがんばりますから。
 人は祭りに集まる。小さな祭りは毎夜のこと。さあ、どんじゃらほい!
土曜の夜、目の前にある扉を開けると、そこに昭和がある。さぁーフォークライブで祭りの始まりだ。キンキンに冷えた生ビールを飲んで喉をうるおし準備万端の、ホロ酔い加減な味わいのある初来店のオジサマ、オバサマ達が、一曲一曲フォークを聞いて、輝いていた昭和時代にひたり、昔を思い出す。曲によっては、昔の恋人の顔まで思い出す。そこに居合わせた、若いイケメンがフォークソングのやさしい調べに初めて昭和を感じた。昭和のフォークなら、多分なんでもござれと言うスペシャリストが、ギター片手に貴方を昭和の世界にいざないます。ただ…、マニアックな注文にはちと戸惑いもある。エンドウケンジの『カレーライス』とか。いま、新潟の塩引鮭がとびっきりうまい。

TEL:0820-52-8098
営業時間
11時〜17時
18時〜22時くらい
水曜定休
毎週火曜日・日曜日は禁煙になります。他の曜日は店内喫煙可です。
田布施町大字下田布施710−3
1F(ピクロスそば)
フォーク酒場 どんじゃらほい
 柔らかい口当たりは、お肉好きにはうれしい、最高級ランクの近江牛塊ステーキ。
「最高級のお肉には、変な小細工はいらない」
 フランスはブルターニュ地方の一番塩・フランスの粒マスタード・ゆず生果汁でお肉の味をお楽しみあれ。ご満足を目指している。間違いなし!
 毎年夏休み、フランス食堂はご家族連れのお客様で大にぎわい。帰省した子どもたちが都会に戻っていく。「今度はお正月だね」と言いながら笑顔で交わす約束。故郷での家族そろってのお食事はフランス食堂で。
 フランス食堂は田布施の街の「わかりにくいところ」にある。
TEL:0820-52-4042
営業時間
10時30分〜14時/ランチタイム(スペシャルランチは11時〜14時限定)
14時〜17時/貸し切りタイム
17時〜/ディナータイム(ご予約承ります)
20時30分/オーダーストップ
21時/閉店 
水曜定休 田布施町大字下田布施504−1
フランス食堂 最高級、近江牛塊ステーキ8600円
 和夢門では、作っていただいた作品を、焼き上げてお客様にお渡しするまで、約1ヶ月の間、専用の棚に置いて管理している。この棚の作品は、和夢門に来られた方は、どなたでも見ていただくことができるもので、作りに来た方は、熱心に観察してヒントをもらったりされている。この作品の棚の中から、時々、次から次へと真似されて、作品が進化していく物語の初めとなる作品が生まれてくることがある。初めの作品を真似て、そこに作り手の個性が加わった作品ができる。その作品に触発されて次の人が真似て工夫を加えた作品ができる。そしてまた真似されて…物語が進んでいく。
やのくに陶芸 和夢門

 物語の初めの作品は、手の込んだものではなく、単純だが、形や作品に施された工夫などに、作り手の心をとらえるものがあるようだ。この物語はお客様によって作られる。様々な方に陶芸を楽しんでいただけることを期待している。

和夢門陶芸くらぶ

月4回 月謝/6000円
1回につき2〜3時間(都合のよい日時にどうぞ)
◎粘土代、焼成代は別途要
◎体験コース有
体験料1回/
2500円

手ぶらでどうぞ
TEL:0820-51-3005 
営業時間:10時〜18時 水曜定休 田布施町大字下田布施2159−1ほひほ1F
やのくに陶芸 和夢門
 弥寄館に新登場のこのやかんのような鍋、鍋のようなやかん…その名もなべ兼やかん!!沸かす、茹でる、湯きりもできるマルチな『なべ兼やかん』。(「なべやかん」という名のお笑い芸人いたっけ?)ステンレス製の蓋には注ぎ易さを追求した28個の湯きり穴、人間工学に基づいた握りやすいハンドルデザイン…こんなの初めて!!とっても便利で、とっても機能的!!しかも洗いやすくて衛生的!!色もいろいろ。あなたのキッチンは何色『なべ兼やかん』??
○ホーロー製4色(レッド、クリーム、ブラック、グリーン)
5040円(税込)
○ステンレス製 6300円(税込)
村の売店 弥寄館 なべ兼やかん

★その他おすすめ商品

○氷頭生酢 北海道産  500g2200円(税込)
鮭の頭の貴重なコラーゲン。夏は冷た〜く冷やした氷頭生酢とビールはいかがですか?
村の売店 弥寄館 氷頭生酢

○よろ酢ドレ酢シング  500ml720円(税込) 
夏はさっぱりドレッシングがいいですね。冷奴にサラダに、たっぷりかけて召し上がれ!
村の売店 弥寄館 よろ酢ドレ酢シング

 季節のものをいろいろ扱ってきた。山形枝豆、愛媛みかん、山形さくらんぼ、熊本とうもろこし、熊本スイカと来て、次は熊本赤なすだな。自家農園製「やのくにブドウ」は植え付け3年目の今秋デビューできるのか。
TEL:0820-52-0846(親には子には弥寄館)
営業時間:10時〜18時
木曜定休(前もってわがまま言っていただければ開けます)
田布施町大字上田布施1209番地
 プププとクラクション鳴らしていく車。キャッキャッと手をふる子供。乗ったまま弁当では販売員が、道行く車に「いらっしゃいませ〜」とせっせと黄色いのぼりを、これでもかと振っている。そんな田布施名物(!?)を見ようじゃないか、と思ったのかどうか。初めて来店された素敵な老夫婦。「旗振っているっていうから来たのに、旗ふってないじゃないの〜」と厳しいツッコミ。エーッ、楽しみにされてたんですね(すんまへん)。その後も、ご来店いただく度に、「よし。旗ふってたね」とか、「また来たよ」とお声かけいただく。吹きさらしの露店の弁当屋だから、こんなお客さまとの触れあいがあるのかもしれない。そんな、世界一の露店を目指す(!?)乗ったまま弁当販売所が、自信をもってオススメする今月のイチ押しメニュー♪

《塩引鮭弁当》
500円(税込)
米がうまい!おむすび弁当。越後村上の特産“塩引鮭”(産地 北海道)がご飯にあう。11時〜完売まで(昼限定)
乗ったまま弁当 塩引鮭弁当

《古伝いなり》
450円(税込)
“揚げ”の甘さとほんのりワサビが絶妙!シャキシャキ蓮根の食感がクセになる。あなどるなかれ、15分程で完売する事も。
乗ったまま弁当 古伝いなり

☆どちらも、売れる前の予約が安心です。
TEL:0820-52-4042
営業時間:11時〜売り切れるまで/夕食ランチ?は17時〜売り切れるまで 毎週月・火・木・金・土営業 水・日・祝は定休
田布施町大字下田布施682−8(西京銀行隣)
 時は、平安時代の頃だったのだろう。長い石段を昇ったところに、一軒の建物が建っていた。村人がその階段を昇り続々とその建物の中に入って行った。神社らしきその建物の境内では、白装束を身にまとった者が高い杉の上からヒューと降りて来ては、向こう向きに手を合わせて座っている村人の後ろから背中を片足ですーっとなでている。そんな不思議な夢を17年前にうちの社長が見たことが、超足芯術の発端になっている。社長は、そのころから背骨というのが人間の気の集まるところだと感じ、そこを癒すと体全体が元気になるというイメージを持っていた。足で施術することを思っていた時に、ある人が足で踏む施術が出来るということで、それを融合させて、背骨から気を発するように揉み解すやり方の「足芯術」が編み出された。さらに発展して現在の【こりを抜く超足芯術】に進化していった。足でなくてはならないのは、足は木の根っこのイメージで、足裏からその人の体にたまったマイナスの気を吸い取ってあげることや、辛いこりの人にとっては足の強い圧力で筋肉を伸ばして、奥の深いところの淀んだ気を抜き取っていけるからだ。抜き取ってもらうってどんな感じなのだろう?と思った方は、超足芯術を受けてみよう!EWOに行ってみよう!今までにない初めての体験を味わえますぞ!!
技倆総合学院EWO 超足芯術

★EWOのおススメコース

◎超足芯術
セミロングコース
60分5500円(税込)
◎頭皮揉術健康法
(頭皮マッサージ)
30分3000円(税込)
◎足裏健康法
KUQ(足ツボ)
30分2500円(税込)

TEL:0820-51-2628(予約優先) 
営業時間:10時〜18時 木曜定休
田布施町大字下田布施683−1(西京銀行隣)
 うちの社長の指令は極めて直感的だ。戦略を言葉でなく映像で考えているような人だ。やのくにくにづくりがその集大成。これからの日本、これからの世界、これからの地球と、思いを馳せれば、結局は、今自分がこうして立っている「そこ」から宇宙規模感覚で理想のくにをつくっていくしかない、ということにたどり着く。社長の映像は、不動産をさまざまなカタチに変化させる。まだまだ展開中である。
株式会社 ピアレックス

TEL:0820-52-5113
営業時間:9時〜18時
年中無休
田布施町大字下田布施985−7
 スタッフがご案内。今日ははじめての岩盤浴。ドキドキしながら入り口を入るとお香のかおりにちょっと気分がゆるむ。受付を済ませてスタッフから入浴方法の説明を聞く。ふむふむ、岩盤浴の汗は普段かく汗と違うから洗い流したらもったいないんだって。だから先にシャワーを浴びるほうがいいんだ。説明通りにシャワーを浴びて着替えたらまずは足湯、そしていよいよ岩盤浴。ドアを開けるとミストたっぷりで気持ちがいい〜!思ったより暑くない。タオルをひいた岩盤の上に横になるとしばらくしてじんわりと汗が出だす。あまり汗をかくことが無いからたくさん汗が出るとすっきりする。この爽快感にはまりそう。汗もタオルで拭くだけでベタベタしないし、心なしか肌もつるつる。なんだかいい感じ。セットを返したら今度はロビーでゆっくり過ごす。心地よい音楽といつもと違う時間の流れに癒されて「またがんばろう!」って思えてくる。今度は超足芯術やお顔のエステも受けてみようかな。
◎岩盤浴
100分
税込1500円
◎お顔のエステマッサージ20分
税込2000円
※オプションあり
◎超足芯術 ヨレム限定10分 税込1200円(岩盤浴とセットで10分税込1000円)
TEL:0820-52-0730
営業時間:10時〜23時(最終受付21時20分)
スタッフ活力充電のため、木曜定休
※予約いただくと確実です。手ぶらでどうぞ。
田布施町大字波野336−20(田布施駅前旧商店街)
岩盤浴 ヨレム
ライブハウス風の吹く丘 「田布施の歌」歌詞決定! お待たせしました。「風の吹く丘歌詞募集企画」、採用歌詞の作詞者発表です!ジャジャン!岩国市 肥後久留美さん、大島町 浜野浩明さん、防府市 中村尚美さんです。今回は3名の方の歌詞を採用させていただきます。楽曲の発表は、7月30日(土)20時から「フォーク酒場 どんじゃらほい」のフォークライブにて行ないます。(来て、来て、来て!)さあ、どんなメロディがついたのかな。楽しみですね〜、ワクワクですね〜。是非お越しください。尚、引き続き歌詞の募集をいたします。今回残念だった方も、もう一度!田布施の歌をどんどんつくろう!応募要項は以下のとおりです。

【宛先】
〒742−1515
熊毛郡田布施町大字上田布施1209番地 やのくに研修所 「風の吹く丘歌詞募集係」
*テーマ、スタイルに規定はありませんが、歌詞の中に「田布施」という文字をいれてください。対象は未発表の(著作権管理されていない)歌詞です。住所、氏名、年齢、電話番号を添えてください。8月17日(水)必着。発表は「うれしい新聞」紙上でいたします。たくさんのご応募お待ちしてます!「ライブハウス風の吹く丘」は練習からライブまでOKです。文化祭の練習にはうってつけかも。一度使ってみてください!近頃二つの高校生バンドが練習している。使用料は1名800円。なぜ800円か?500円だと安すぎるから?設備は充実している。何時間でも800円。ね?

YouTubeにて『風の吹く丘ライブ』配信中。
風の吹く丘ライブQR



TEL:0820-51-3005
営業時間:毎週木・金・土・日・祝の18時〜21時
入場料800円
田布施町大字下田布施2159−1ほひほ1F
 節電を呼び掛ける今夏は猛暑じゃないだろうね?この夏は「のも」から目がはなせない!!

 ふわふわのさくさくした氷にとろーりシロップとミルクがかかってみんな大好きかき氷が今年もやって来た!夏祭りで初めてかき氷を食べた時のようなあの懐かしいいちご味とメロン味、小豆が中に隠れた宇治金時の三種類で登場しました。暑い夏はちょっとのもに寄ってみて。天窓を見上げながらひんやり美味しいかき氷で思わずみんなニコニコ顔。頭がキーンっとなってまたまたニコニコ顔。のもでお待ちしております!

○かき氷
いちご味 メロン味
各250円(税込)
宇治金時
400円(税込)

TEL:0820-53-8686
営業時間 9時〜17時(モーニングタイム:9時〜11時)
木曜定休 田布施町大字上田布施1123−1

Cafeのも みんな大好きかき氷
大好き 昭和亭 稲庭うどん 初めて召し上がられた時の感動が、暑さとともに思い出されるのだろうか。吸い込まれるようにしてご来店されるお客様が注文されるのは稲庭ざるうどん税込650円。秋田県湯沢市の稲庭うどんは日本三大うどんのひとつ。400年の歴史ある手作りの製法が今日に伝わるすごいうどん。味は格別。コシのある麺はのどごしなめらか。絶品だ(ホント)。そんな稲庭うどんがご家庭でも楽しめる。稲庭うどん 乃居(のこ)税込2800円として絶賛発売中。店内で売っている。お土産や贈り物としてどうぞ。
大好き 昭和亭 稲庭うどん 乃居(のこ)

TEL:0820-53-4400
営業時間
11時〜14時
17時〜20時
水曜定休
田布施町大字下田布施682−8(西京銀行隣)
 やのくにに行ったお土産として何かないかな。その土地、そのくにならではのお土産も楽しみのひとつだと思う。あるとうれしい。そうした念いが最初にあって『穂の風栗まん』が誕生した。 柳井に製造工場を移転して、3ヶ月が過ぎる。移転して早速、初めてのご来店をいただいた。が、申し訳ありません。製造のみで販売はいたしておりません(冷たいんだな)。「残念!」だというお声をたくさんいただきながらも、「販売店は田布施町にある」のです、と。真っ赤な看板が目印のやろん(西京銀行隣うどん屋の奥)、または村の売店弥寄館。9個入りを3箱以上のご注文より宅配お届け。全国展開に向け、インターネット通販(やのくにネット通販)、地方発送も受け付けている。

 そう、もうすぐ最中(もなか)の販売も始まる。アヒルがシャワー浴びている黄色いアヒル!?と…(これも期待できる!)

楽しみにしていただきたい。ますますやの里本舗から目が離せない!!

◎穂の風栗まん
9個入り
 税込1000円
◎贈答用栗まん
10個入り
税込1200円
やの里本舗 穂の風栗まん

◆販売店
◎村の売店弥寄館
◎EWO内やろん(西京銀行隣)
◎Cafeのも(おひとりさま2個入り税込250円のみ)
やの里本舗 穂の風栗まん EWO内やろん(西京銀行隣)<br />

◆地方発送
やの里本舗
TEL/FAX:0820-22-0034
(作る分だけ売るか、売る分だけ作るか。手作りで月産1万個を目指している。あ、言っちゃった。夏は冷やして召し上がれ。)
仕出し よわもんの うらめし屋 ぐるぐ号 よわもんのうらめし屋は、おいしい弁当とオードブルをご用意している。一番人気は、日替り弁当。運動会や誕生会・打ち上げ・パーティー等など、みんなが集まるハレの日には、オードブルが大活躍。ご要望があれば、OTODOKEぐるぐ号で配達もしている。その、ぐるぐ号のテーマソング「自転車に乗って」は社長の高校時代の思い出を題材にした歌(CD『自転車に乗って』&『柳井駅まで』発売中!税込1050円 宣伝かよ!)。この歌が聞こえてきたら、ぐるぐ号が来たサイン。音楽が聞こえたから、とお客様が自宅の前でお待ちになっていたり、初めて伺う配達先で道に迷っているとお客様がこっちだよ〜と教えて下さる。町の中を走っていると小学生や中学生が笑顔で手を振ってくれ、辺りは賑やかになる。ぐるぐ号も元気をいただく。ぐるぐ号が走り出して丸5年。月日が経ち、今では田布施の町にはなくてはならない存在になってきた(かなー?)。

 これからもぐるぐ号はあなたの元へおいしい弁当をお届けする(お願いします!)。
♪自転車に乗って〜君の町まで〜
仕出し よわもんの うらめし屋 自転車に乗って〜君の町まで〜

TEL:0820-52-4042
営業時間:8時〜18時(田布施町・平生町一部・柳井市一部・光市一部お弁当お届けします。配達ルートによってはお届け出来ない場合もございま
す。ご了承ください)
水曜定休
田布施町大字下田布施504−1
 初めてRESSHにお電話を頂いたお客様から「何処に頼めば良いかわからないのだけど?」との内容の質問をよく聞く。

 何処に頼めば良いか分からない、住まいのお困り事はRESSHにご相談を。住まいのことだったらどのような事でも承る。

 「こんな仕事はやってくれないよね」とあきらめるまえに、一度RESSHにお電話を。即刻参上いたしまする。

TEL:0820-52-5002
RESSH統括本部
営業時間:9時〜18時
田布施町大字麻郷奥265−1
RESSHレッシュ
 「人生を経営する」生き方を提案する社長が、からだの健康提案会社「ネティエノ」の創業を宣言し、開業したのは、丁度17年前。生きていくには、こころだけではなく元気なからだづくりが必要だからと。創業当初は、「浄水器のあな」「シャワーのゆあびるあひる」「健康シューズロシオ」の商品だけだった。社長の商品選び(つくり)のコンセプトは飲めばわかる、履けばわかるといった、とてもシンプルでとても納得するもの。そして、更に良い商品へと進化されていく。少ない商品で走り出したネティエノだが、「商売は悲しみの解消である」と説く社長のもとで、いまでは多種多様の元気づくりの商品を扱う会社となった。そのネティエノが社長のふるさと田布施町に、社長の理念である「みんなが住んでみたいと思えるくにづくり」を目指して移転したのは7年前。おかげさまで、いまでは地元田布施町からはもちろん、お隣の平生町、柳井市、光市、岩国市からとたくさんご来店いただき、お客様に「いいものとの出会い」を喜ばれている。ひとりでも多くのお客様の「元気づくり」をテーマに、田布施より全国へ展開中。
株式会社 ネティエノ 浄水器のあな

 なお、このたびの東日本大震災で、ご使用中の「のあな」が津波に流されてしまったお客様には、お申し出により新品一台を無償進呈しております。お申し出ください。

TEL:0820-53-2100
営業時間:10時〜18時 水曜定休
田布施町大字下田布施682−8(西京銀行隣)
 この美味しい地下水を私達の目に見える形で表現したいというその念いが゛いっちょん売れんやのくにとうふ”になった。いっちょん売れんやのくにとうふ、どころか、売れている。全国に売れている。美味しいからだ、と思う。売れているのはいいが、小さな機械で手作りするために、このところ二人で一日3回転のフル稼働が続いている。結構な重作業らしい(私は口は出すが手を出したことがない。作ったことがないのだ)。が、前向きに考えよう。つまり、いつでも作りたて、というわけだ。

 その作りたての豆乳を販売することにした。豆乳は豆腐に固める手前の段階。ホントに作りたての豆乳は温かいのだ。濃い、甘い、からだにいい。やのくに豆乳、ちっちゃなペットボトルで新登場!!黄色いシールが目印。200ml200円(税込)

◆販売店
◎Cafeのも上の駐車場にある豆腐販売所
◎Cafeのも
◎EWO内やろん
◎村の売店弥寄館
◎なんにもない田布施

 田布施にはなんにもない。なんにもないけど、私は田布施が好きだ。
 田布施は星がきれい。田布施は緑がきれい。田布施は風が渡る。田布施は私が生まれ育ったところ。なんにもないけど、こころに描けばなんでもある。描けばホラ!なんでも現れる。歌を作るのと一緒だ。なんにもないところにホラ!

◎岸さんと佐藤さん 周防大島といえば星野哲郎さん

 田布施出身のタレント松村邦洋(まつむら・くにひろ)さんが雑誌のインタビューに応えて、「田布施といえば岸さんと佐藤さんですよ。ぼくは小さい頃佐藤さんに頭を撫でられたんです」と自慢していた。兄弟宰相の岸さんと佐藤さんのことだ。ずいぶん昔のことだけど、田布施といえばなんといっても岸さんと佐藤さんだ。誰もが知っている。しかしそれ以上の自慢が未だに無い。
 周防大島といえば作詞家星野哲郎さんだ。林家こん平さん(?)が三平師匠に弟子入りしたいと、こん平さん地元の新潟のお米一俵を三平師匠の玄関前にドンと置いて粘って弟子にしてもらったと芸能月刊誌で読んだ私は、星野哲郎さんに私はお米二俵持って行って弟子にしてもらいたいと本気で考えた。中学生の頃だった。それがダメだったら、芸能人を護ってあげる芸能記者になりたいと考えた。甘かった。

◎田布施中から熊毛南高へ

 何になりたいか人生の目的が皆目分からないままに、田布施中から熊毛南高へ進学。山の方から町の方へ自転車通学。どこへ行くにも自転車だった。大学は福岡市の西南学院大学(商学部経営学科)へ。18の春、都会に出て行った。

◎セールスマンにしかなれなかった

 大学を卒業して、オイルショックの年、社会に出た。会社に入り、セールスマンになった。セールスマンにしかなれなかった。

◎岩国は室ノ木に住んでいた

 大学新卒で入った会社も二年ほどであっさり辞めて、三つ目の学歴関係なしの住宅会社でトップセールスを続け、支店長になった。仕えた社長は宇宙人みたいな、アタマの切れる人だった。その後徳山、岩国、北九州、福岡と巡ったが、岩国支店長時代は室ノ木に住んでいた。建売住宅を岩国市内から南岩国、通津、由宇、玖珂、柳井あたりまで建てて売っていた。駅前や川下で毎晩のように飲んでいた。若さだけで突き走っていた。だから岩国あたりの地理には詳しい。もっとも、26歳頃だから、35年くらい前のこと。

◎モノの権化を扱ってみて自分はこころだと悟った

 29歳の時、徳山で不動産業を開業する。現在の株式会社ピアレックスだ。いろんな実験的試みを展開し、バブル全盛の時どうしてもブームに乗りたく「なくて」、モノの権化みたいな不動産を扱ってみて自分はこころだと悟った。

◎「元気を追究する」からだの健康提案会社

 不動産業&建設業から大きく舵を切ると宣言した途端に、30名いた社員がクルリと背を向けて次々に辞めていって、3人だけになった。私の経営を見限った。
「元気を追究する」からだの健康提案会社を創業した。健康関連商品を全国向けに製造販売している。レストランや岩盤浴、癒し術、コンピュータ事業も展開。現在の株式会社ネティエノだ。田布施に本社がある。私自身、108歳まで生きられないかと考えている。本気で考えている。

◎「人生を経営する」生き方提案会社

 自分で決める自分で生きる、ひとり歩き、自分と対話する、つぶれない経営等々。続けて、「人生を経営する」生き方提案会社を創業した。現在の株式会社人生経営だ。本社は福岡市にある。出版、講演を全国において展開している。

◎田布施を宝島にできないか

 なんにもない田布施を宝島にできないものか。日夜考えている。目に見えるものはなんにもなくても、こころに描けばポン!と現れる。そのやり方を私は知っている。人がいない、お店がない。名所がない、名物がない、祭りがない、楽しみがない。いなけりゃ呼んでくる。なければ作る。持ってくる。人を集めるのだ。その気になれば何だってできる。むかしむかし「あるところ」にはおじいさんとおばあさんがいたんだから、「ないところ」には「あるところ」からもってくればよい。つれてくればよい。つくればよい。

◎やのくにくにづくり

 こんなくにだったらみんな住みたいだろうな、というくにをつくろう。田布施につくろう。私が大好きな田布施につくろう。やのくにと名付けよう。これが私の事業経営だ。

◎あと17年

 このプロジェクトをこれまで17年やってきた。これからあと17年で仕上げよう。仕上げて遺していこう。折り返しの去年、昭和25年生まれの私は還暦を迎えた。もう一度初めから生き直そうと思っている。駆け回った若き日のセールスマン時代に、からだもこころも戻して、あと17年、全力で駆け抜ける。

◎気高き商人

 私は「気高き商人」でありたい。お金をきれいに扱う気高き商人でありたい。この世を去る時、私は自分のお金を1円も遺さない。代わりに、田布施に人を集める。
(西)
(株)人生経営の本社はどこにあるでしょう?
1,田布施町 2,岩国市 3,福岡市

★正解された方の中から抽選で3名様に、フランス食堂スペシャルランチ・大好き昭和亭うどんペア・Cafeのも のいずれかをご利用いただける「ご招待券」をお送りいたします。

★解答は、メール本文に、.イズの答え∋疚将G齢づ渡暖峭罩ソ蚕蠅鮟颪い董tabuse8@gmail.com へ送信ください。※葉書でも応募できます。

〒742−1511
熊毛郡田布施町大字下田布施682−8
(株)ネティエノ「宝島田布施うれしいクイズ係」
締切:8月16日(火)18時着。
QRコードからメール可能です。カメラ付き携帯電話で読み取ってください。
宝島田布施うれしいクイズ係QR

やのくにマップ
TEL:0820-52-0808(テレフォンメッセージ) 当社社長がつれづれなるままに… 元気になれるひとり言。 提供:(株)人生経営
Total921180 Week5929 Yesterday1022 Today564 IP check in 30 min Since 2010-12-12